2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宮城谷昌光「三国志」

1 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/16 23:02
鬼才、宮城谷が開く、新たな三国志の地平!

文藝春秋にて連載中
ttp://www.bunshun.co.jp/
【関連スレ】
[一般書籍]宮城谷昌光ってどうっすか?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1022516398/

2 :郭図公則 ◆2getuhmE :02/09/16 23:07
2げっと

3 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/16 23:11
連載15回(月連載)にしてやっと曹操「誕生」。

あと何年かかるんだろうか。作者氏ぬんではw
既に未完の大作臭が…

4 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/16 23:15
正直、宮城谷氏に「新たな三国志」は創れないと思われ。
「劣化コピー」にはならないだろうが、「傑作」にはならないと思う。

5 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/16 23:33
どう考えても「三国志」ってタイトルは違うよなあ。

文藝春秋の編集者にタイトル押し付けられたんじゃなかろうかといつも思う。

6 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/16 23:40
宮城谷氏が三国志前夜の梁冀の跋扈とか、宦官の専横とか書いたら、
非常に面白そうなのだが。
ちなみに当方読んでません。
どこで連載してるのか情報きぼん。


7 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

8 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/16 23:41
>6
>1を熟読。

9 :6:02/09/16 23:43
>>8
失礼しますた

10 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/16 23:57
>4
貂蝉や芙蓉タンがかわいくてエロけりゃ何でもいいんだよ!

11 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 00:00
「姓は太公、名を望」の人だからなぁ
次は何をやってくれるかな(藁

12 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 00:08
>>11
何それ(w? 詳細きぼん

13 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 00:36
>>12
分かってるくせにw
初めて読んだ時は衝撃を受けたよ

ちなみに中文の学者達は「宮城谷?阿呆はほっとけ」と
諦め気味です…

14 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 00:38
宮城谷は小説「太公望」で、主人公の太公望の名を「呂望」としていた。
理由は知らない。


15 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 00:43
>>14
ちゃんと調べてなかったのよ、あの人
歴史小説じゃなくて歴史風小説のレベルだ

16 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 00:44
>>15
「歴史風小説」いいねぇw

17 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 00:47
姓は「姜」、氏は「呂」。

「尚」は実名か字かわからない。「望」も字か役職か説がある。

でも「太公」が姓ってことはないだろ。これは役職。
「(周の先祖の)“太公が望”んだから」というのはこじつけだろうな。

18 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 00:48
でも面白いんだよなあ、読み物として。
先述の通り時代考証はあってないようなもんだし、
主人公はいつもいつもワンパターンだし、
storyはメリハリが無いうえ切って貼ったような紋切り型ばかりだし。
美女キャラは必ずエロい過去持ってる清楚な女性、
言ってみりゃAV清純派みたいなズベタしかいないっつーのに…

なのになぜか、面白いんだよなあ。ふしぎだ。

19 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 00:50
ちなみに大好きなのは「花の歳月」

20 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 01:03
>>17
幸田露伴が「呂望」説を唱えてたとどこかに書いてあったような。
フジリュー封神の単行本だったかな。

21 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 01:04
私は、『鳳凰の冠』が好きです。

22 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 01:12
姓は「太公」か。
日本で言えば「翁」って苗字みたいなもんかw

23 :12:02/09/17 01:22
>「姓は太公、名を望」のレスくれた人
おお、そうなの。そうかな〜と思ってたけどほんとに知らなかったのよ(w
かなり面白いセンスを持ってるな(w
ありがとー!

24 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 01:39
孟嘗君(字違ってるかも)は面白かった。
白圭がいい。
で、主人公に話が移ると(´・ω・`)

25 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 01:56
「青雲はるかに」を読んだけど全然おもしろくなかった。
最後かなり飛ばし気味だし。
大河ドラマは「歴史に舞台を借りたトレンディードラマ」だが、
それと同じような感じがしたな。
横山光輝の「史記」のハンショ列伝の方がおもしろかったぞ。

三国志、一応今度読んでみるけど・・・・

26 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 07:22
盛運はるかに
W主人公の片割れがどんどんしょぼくなってく

俺は白圭よりも商央が(・∀・)イイ!!

27 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 18:50
>>6
猟奇が死亡したところまで

28 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/17 22:52
孫嬪タン(´Д`)/lァ/lァ

限りなく少年漫画のノリだよねこの人の作品って。

29 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 13:41
歴史ものでは司馬さんと北方さん、あと池宮さんが好きなんですが、
このスレとか見ていて人の読み始めてみたくなりました。
でも何から読んだらいいのか…。

30 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 13:41
29訂正

歴史ものでは司馬さんと北方さん、あと池宮さんが好きなんですが、
このスレとか見ていてこの人の作品を読み始めてみたくなりました。
でも何から読んだらいいのでしょう…?

31 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 14:39
>>30
「重耳」かなぁ。

「孟嘗君」以降はなんだかワンパターンで(´・ω・`)な感じが
ぬぐえないのです。

32 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 14:48
宮城の小説は、資料があまり無い時代の方がより面白いと思う。
資料が揃うにつれ、アラが目立つ作家だからな。

漏れ的には「夏姫春秋」「王家の風日」「沈黙の王」あたりが好き。







33 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 14:53
初めて読んだのが「晏子」だったがあれは衝撃的に面白かった。
晏弱が死ぬまでだけど。

34 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 14:56
>>30
>>32の三作品に、『重耳』と『晏子』を加えたあたりが、無難だろう。
『重耳』は間違いなく上巻が最良だろうなぁ。

35 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 15:00
自分は『晏子』の面白さを後半に見出した。

晏弱が死ぬまでが…という話をよく聞くが、前半は歴史小説のような安っぽさがある。

36 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 15:01
俺は「花の歳月」と「長城のかげ」がオススメ
花の歳月最高だ。ベタだけど。
この人短編の方が絶対にいい物を描いてる気がする。

37 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 15:02
失敬。

×歴史小説
○歴史小説

…もうだめぽ。

38 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 15:03
失敬。

×歴史小説
○時代小説

…もう逝くね。

39 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 17:00
「樂毅」、「奇貨おくべし」、「沙中の回廊」も好きなんだがな

40 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 18:02
「介子推」は面白かったよ。

41 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 18:06
カイシスイ目当てに見るなら重耳の下巻のほうが面白かったり

42 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/18 21:27
介子推が出てきたとたんに個人の武芸話になっちゃうからどうも抵抗がある。
三国志みたいな軍と軍のぶつかり合いのほうが好きだからな…。

43 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/24 23:52
『樂毅』がおもしろかった。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)