2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

秦VS晋

1 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/01 15:02
どっちが勝つかな?

2 : ◆eUbtZCI. :02/09/01 15:02
2Get

3 :損権厨房 ◆eUbtZCI. :02/09/01 15:03
比べる物も考えないで脊髄反射でスレ立てんな
、ボケ

4 :損権厨房 ◆eUbtZCI. :02/09/01 15:03
で、何と何を比べんだよ、ゴルァ

5 :損権厨房 ◆eUbtZCI. :02/09/01 15:04
さっさと答えろよ>>1

6 :損権厨房 ◆eUbtZCI. :02/09/01 15:04
立て逃げか、コラ

7 :損権厨房 ◆eUbtZCI. :02/09/01 15:04
>>3
考えないで←×
書かないで○

8 :損権厨房 ◆eUbtZCI. :02/09/01 15:05
まだ書けないのかよ

9 :損権厨房 ◆eUbtZCI. :02/09/01 15:05
3分も立ってるぞ

10 :損権厨房 ◆eUbtZCI. :02/09/01 15:05
早く書けや
遅すぎるぞ

11 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/01 15:07
雉も鳴かずば撃たれまい

12 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/01 15:45
秦VS晋VS新VS清

13 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/01 15:48
損犬は保健所に逝け

14 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/01 16:36
降雨VS芝居

15 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/01 16:36
(・,_ゝ・) バカネェ

16 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/01 22:23
成が最強だろ

17 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/01 22:30
とりあえず最弱は新のようだ

18 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/02 02:49
降雨の壷でチュータコを釜茹でだ!

19 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/02 03:09
万里の長城のほうが強そう

20 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/02 05:35
age

21 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/02 16:19
秦と晋の春秋期における大きな会戦は四つあるが、結果は二勝二敗。

>>1よ、満足か?

22 :干将 ◆3CKansyo :02/09/02 18:01
>>1
こっちで質問した方が宜しいかと。

春秋戦国スレ
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1030716703/l50

糸冬了

23 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/02 22:00
>>14>>18は秦と楚を勘違いしている模様

24 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/03 00:01
白起VS司馬イ

25 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/10 10:26
hosyu

26 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/12 09:55
つまらんマジレスだけど、せっかくなので…

秦と晋の戦いは春秋期を通じて幾度もあるが、附庸国や盟下の国々を加えない、
単独での大戦は四度あり、各々を略記。

【韓原の戦い】(前645年 秦穆公15年 晋恵公6年)
晋の恵公(夷吾)は、秦の穆公(任好)の斡旋により即位した際、河西の地を献ずる旨を
約しつつもこれを反古。即位4年目には不作により国内は飢え、秦に穀物援助を乞い、
大いに恩をうけながら、翌年の秦の不作に際しては、秦の援助を拒むにとどまらず、
内憂に乗じて秦を侵そうと企図。
ここに秦は激怒し、会戦に至る。

秦は出師するや晋を三たび破り、韓原に達した。
韓原にて秦と晋は戦い、恵公が捕われ、晋は大敗した。

― 晋は前661年に二軍を創設しており、秦もおおよそ同等の軍事力を有していたと
思われる。
これは、斉と楚に次ぐ大国同士の戦争といえる。 ―

以降、低迷の続く晋に文公(重耳)が帰国するのは、これより8年後である。

27 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/12 09:56
>>26の続き

【(肴殳)の戦い】(前627年 晋襄公元年 秦穆公33年)
発端は3年前に遡る。
城濮の戦いで楚を破り、晋の覇権を確立させた文公の7年、晋はかねてより亡命中の
鄭の公子蘭を帰国させるべく、秦と共に鄭都を攻囲する。
事態に窮した鄭は密かに秦と盟い、秦は3人の臣を遺し帰国し、晋も帰国に終わった。
文公の没した前628年、鄭人が秦に通じ、穆公は憲叔の諫止を遮り軍を発した。
国内を無断通過した秦軍に対し、晋は出師を決意。
鄭の商人・弦高の機知により、秦の鄭攻略は頓挫し帰国の途につくも、晋軍とそれに
与した姜戎により(肴殳)にて大敗し、百里視(孟明)、西乞術、白乙丙は捕虜となる。

― 秦の発した軍は、兵車300乗と伝えられる。『周禮』に従うなら、秦の動員兵力は
3万と思われる。対する晋軍は文公8年に5軍を設けており、優に6万を超える兵力で
あり、先軫はじめ老練な将を有した晋の完勝であったといえる。 ―

2年後、秦は再び晋に挑む。

28 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/12 09:56
>>27の続き

【彭衙の戦い】(前625年 晋襄公3年 秦穆公35年)
2年前の敗戦に報いんと欲する秦は、再び百里視(孟明)を立てて晋を侵す。
2年前に秦に勝利した晋は、同年、箕の戦いで狄を破るも先軫を失っており、元帥は
先軫の後嗣・先且居である。
開戦に際し、先年、晋侯の車右を解かれた狼鐔は鬱積した憤慨を糧に突出。
牽引されるかたちで晋は全軍を投入し、秦軍を撃破。
秦の中原進出は途絶された。

― 秦は師将が百里視(孟明)であり、傑出した将才を持ち合わせておらず、兵力差に
おいても先年同様のひらきがあったと思われ、先且居の他、文公以来の逸材を有す
晋の勝利は妥当と思われる。 ―

以降も晋と秦の戦いは続くが、大戦に至るまでに10年を要す。

29 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/12 09:57
>>28の続き

【河曲の戦い】(前615年 秦康公6年 晋霊公6年)
10年で情勢は大きく変化した。
晋は襄公から霊公の時代にうつり、趙盾が正卿となるも国内の騒擾は止まず、襄公の
後嗣を巡るさなかには、先蔑と士会が秦へ亡命。
秦も穆公から康公の時代にうつり、依然として晋との交戦は続き、遂に大戦にいたる。
秦が河水屈曲部の北岸に位置する、要衝・羈馬を取るに及んで晋は軍を発し、秦軍の
不得手とする持久戦を採用。
康公により帷幄に迎えられた士会は、晋の内情を分析して康公に献言し、晋軍を挑発し
決戦にいたるも、双方譲らず。
秦は一計を設けて使者を遣わし、晋を誘いつつ退却。
帰途に及んで、晋の油断を見澄まして反転東行するや、河水南岸の瑕を伐つ。

― 晋は襄公の没した前621年に2軍を廃して3軍にもどり、河曲の戦いにおいても、
この3軍を動員したが、終始、秦に対して後手にまわり、卿、大夫間における結束も
欠き、終始にわたって秦が優勢であったといえる。 秦は穆公の死にともない、多くの
殉死者をだしたが、君臣一致のうえでの出師であり、戦果は重畳といえる。―

秦の攻勢に憂慮する晋が、士会を帰国させるのは翌年である。
以降、晋は南方の大国・楚との覇権を争う時代を迎える。


以下に、四度の書き込みに際しての参考文献を記載。
『史記』『国語』『春秋左氏伝』『周禮』『竹書紀年』

30 :無名武将@お腹せっぷく:02/09/16 14:45
せっかく検証したのだが…スレ主よ…たて逃げか?


ということで、いちおうageでみる。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)