2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小説書きは損だとおもう

1 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 22:28 ID:rGZCjmJt
絵はぱっと見で評価されるけど
小説は読むのを渋られる・・・


2 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 22:30 ID:k+v6SRiq
じっくり読んで笑われたいのか?

3 :ジャンルコード603:02/10/27 22:32 ID:mDSejBzU
別にいいYo!

4 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 22:33 ID:JoDB+c8m
笑われるものを書いてるなら仕方ないけど
笑わせるものを書いているならじっくり読んでもらいたいよね

5 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 22:35 ID:AhQxj7kv
見る目をカエロとか辛い気持ちをわかってなんて他力本願なことはやめれ。
好きならめげずにがんヴぁれ。

6 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 23:01 ID:RgcV2l/u
やめたらいいじゃん。損してるなら。

7 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 23:06 ID:gF/Dvwd5
そもそも土俵の違う分野である
絵と比べてる時点で>>1の描いてる文章の程度が知れる。

8 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 23:13 ID:sD7zuJGp
オンなら得
オフなら損

といった印象です。>小説

9 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 23:23 ID:2syR00PA
>>1
その被害妄想が一番損

10 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/27 23:39 ID:XzJkvC9X
>9
同意。

「損」って藻前なぁ…損得で同人できるほど恵まれてるのは一部だろ?
(まあ、考えようによってはそれが恵まれていることなのかどうかわからんが)
少なくとも、ここにいる香具師等は大抵「好きだから」書いてると思うぞ。
んで、漫画か小説かは「そのメディアで自分で表現したいことが表現しきれるか」
が問題なわけだろ?基本だよな。1はもう少し自分が何をしたいのか考えれば?

11 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 00:02 ID:7JkmIEGn

>>1
文章でしか表現できないものがあるからこそ、文章を書くのでは?
すくなくともあなたの文章にそれは期待できないようですが。

12 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 01:30 ID:D+xMPmxB
>1
じゃあ漫画描けや、としか言えねーよ。
小説(文字)しか書けないから仕方なく書いてる、とかいう消極的理由で
文選んでるならやめちまえ、小説に失礼だ。

13 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/28 07:24 ID:BsniqZda
>8
同意。

オンで見向きもされないようならやめた方が>1


14 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 13:57 ID:Z5mChccA
>1タン
ウン。損でつよ〜。
損だから自分はマンガ描きに転向シターヨ
1タンも や・っ・て・み・な よ
両刀が一番お得デツよ

15 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 20:24 ID:vWsTqpc1
字書きで損したと思ったことねーなー。
私は絵描きから字書きに転身した口。
絵を描く事も好きだけど、小説を綴るのが楽しいからさー。
まぁ長いことやってたらそのうち見向きもされなかった小説でも
リピーターが付いてリピーターが他の読者連れてきてくれるもんだよ。
小説書くのが好きならがんばれ。
そうじゃなかったらとっととやめれ。

16 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/29 20:49 ID:GMpPmylx
>1
何で小説を書いている?
絵は下手だけど文は誰でも書けるからか?
そんな気持ちで書いている小説は下手な絵となんもかわらねーぞ。
損得以前に本当に面白い物語を書いているのか?


17 :ルサンチマン ◆1Bl/BDeZDA :02/10/29 21:05 ID:DdvX0Agb
損得で言うのなら「損」だなぁと感じる事はよくある。
レイアウトとかがんばっても、やっぱり絵の方が人目を引くのは明らかだしな。
そしてなにより、絶対的な購買層が断然の差だ。
コミケの売り上げなんて、20〜30部も売れたら本当に万々歳。
これが資格化、漫画みたいな手法で売ったらもっともっと売れるかも、とか空想する事もある。
制作も孤独なもんだ。アシスタントなんて雇えるわけもねえ。(……ゴーストライター?)

でもそれを言ってもしゃああんめえよ。
好きでやってんだし、絵なんて描けねえんだから。

断言するが小説の方が大作は作りやすい。
ストーリーの重みからいうと漫画なんかより断然小説の方が労力対効果は上だな。
そういう利点だってあるんだから捨てたもんじゃない。

18 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 00:44 ID:mmwPLYMj
同人小説を描く人間の動機は100%「絵が描けないから」。

19 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 01:13 ID:TQZAK4iG
>18
おいおい、それは世界が狭すぎるゾ。
字で表現したいときもあれば、まんがでババっと表現したい日もある
タイプも世の中には結構いるのさ。

絵を描くのもそらもう楽しいが、日本語をひねり回すのも楽しいもんだ。

20 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 01:27 ID:PJPBCKSP
「絵が描けないから」?
本質は「上手な絵が描けないから」だね。
絵自体は誰でも描けるわけだ。ただそれが人に見せられるレベルじゃないだけ。
それなのに書いた小説は人に見せられるのかい? ちゃんと小説になっているの?
同人小説を読んでみると禁則処理も知らないで書いている人が多いし。
見たところ>1は知らないようだね。でも>17はちゃんと知っているみたいだよ。

まぁ、自由な同人なのだから四の五のぬかす私が阿呆なんだけどね。


21 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 01:53 ID:JBKfYoeG
絵だってみてらんない落書き本もあるからどっちもどっちだ

22 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 01:54 ID:vOp7cuJf
女性向では、小説書きで大手という人達も沢山存在するが、それについて
>1はどう思ってるんだろう。

23 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 02:26 ID:ZWjIPMIM
頭に浮かんだ言葉は、とりあえず書ける。
でも頭に浮かんだ絵を描けるかというと私にはムリだ。
(絵描きさんは描けているんだろうか)

まして頭に浮かばない絵はどうやっても描けない。
もちろん頭に浮かばない言葉も書きようがないので、
小説書けないよ、という人はこちらのタイプ。


24 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 02:37 ID:sVCv3sfV
>1
小説もぱっと見評価されるよ。
最初の1頁をざっと見るだけで、文体やリズム、言葉の選び方で評価される。
いわゆる「掴み」だね。
これが上手い人は、おおむね最後までぐいぐい読ませてくれるもんだ。
上手い文章を書く人の話は、不思議と刷り上った活字の配分までが綺麗だ。
そんな同人小説に出会うと読者としての至福を感じるし、
自分もがんばって精進しようという気力が湧く。

1さんはなぜ小説を書いてるの?
皆が指摘するように「絵が描けないから」というのなら、
それはただの卑屈であり、絵描きへの妬みだよ。

絵もそうだが、文章も奥が深い。
自分が選んだ表現方法が「小説」なら、それに誇りを持て。
捻じ曲がった感情で書かれた小説なんか、読まされても迷惑だ。

悔しいと思ったら、金払ってまで読みたいと思わせる小説を書いて見せてくれ!

25 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 03:47 ID:afl4RZUG
1みたいのが字書きだと思うと…(´Д`)

26 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 04:25 ID:J55La+0d
ジャンルによっては確かに小説というだけで見向きも
されないジャンルもあるだろう。
漫画しか読まな〜〜い、と公言してるヤシはほっとけ。

小説が損だというならアンタはなんで小説書いてるのかと聞きたい。
そんなんじゃ、どうせ絵描きに転向したところで、ロクな努力もせずに
流行りの絵じゃないから見向きもされないだの、今のジャンルは××
みたいな絵しか受けないとかいうに決まってるよ。

漫画には漫画の、小説には小説のそれぞれのよさがあるんだから、
損とか言う前に、手に取ってくれた人の心を動かすような
モノを書くように頑張れや。


27 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 09:47 ID:THEqzhxe
漫画だから読んで貰える、って言いたいのかな?>1は。
漏れは書き手でもあるし買い手でもある。
だからこそかもしれんが小説本見かけたら手に取るようにしてるし、中身も読ませて貰ってるよ。
で、気に入れば当然買い。

>1はそういう香具師がいるだけじゃ不満なのか?
そうだとしたら悪い事言わん。
とっとと「小説書き」なんてやめてくれ。
そんなつもりでやってるんだったら、たぶん読んでも楽しめる本作ってくれそうにないし。

28 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 22:17 ID:EAHxW+P2
しかし、このスレの文章を読んでみると、
物書きととそうでない人が顕著に現れているなぁ。

29 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 22:30 ID:EAHxW+P2
頭に言葉が浮かぶ前に、
頭に浮かんだ情景が言葉に変換されているのだ。
それが小説を書くという事だ。

@脳内情景(著者)

A執筆(著者)

B読書(読者)

C脳内情景(読者)

@とCの差異が少ない文章ほど優れているわけだ。


30 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 23:07 ID:ZWjIPMIM
文章の優劣と作品の優劣はまた別な話…


31 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 23:37 ID:qZ+ZFgyg
絵描きです。
小説書けるようになりたいです。
このネタをリズミカルな文章で読めたら良いなあと心から思います。
で、同じ日本人だし!日本語話してるし!と白い紙に向かっては
泣きながらコマわる事に代えてます。
うつくしいにほんご、というものは厳然と存在します。
あの作家さんみたいな文がつづれるようになりたい。
自分の絵は嫌いじゃないけど、今のジャンルとあわなすぎるのよう…
失礼しました、愚痴でした。


32 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/30 23:50 ID:EAHxW+P2
>1よ。
まずは精進に精進し百人に一人が面白いと言ってくれるような
素晴らしい小説が書けた後に同じ事を考えてみよう。
きっと、「損だとは思わない」か「損だからこそ自分は書く」に変わっているだろうよ。

>31よ。
!の後は空白、…は……のように二つ繋げて使うってのが小説の基本だ。
覚えておいて損はないと思うよ。漫画も小説もがんばれ!



33 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 10:43 ID:Jdy+xX6L
いや、しかし、
何か字書きのヒトって妙に高尚な話をしたがるかなぁ、とは思う。
傾向として。「これが字書きだとは…」とかいうレスとか。
なんか一種独特なプライド持ってるね。
時折「もうちっと肩の力抜いたら?」と思う時がある。
つか「そんな高尚なことを仰る藻前様の作品を拝見してみたいです」と…

34 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 11:11 ID:uWGarJgC
字書きだけど、高尚な話はわからん。
わかるのは漫画より数がこなせるってこと。
よって、うちの場合、総売数にそれほど差がありはしない。

35 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 11:19 ID:XGpl69H2
>33
禿同! 
売れないコンプレックスの裏返しみたいで、哀れと感じることもあるよ
なんでもかんでもきれいに文章でまとめられる力はたいしたものだが
そこまで鼻にかけずとも…とよく思うよ

36 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 11:29 ID:Jdy+xX6L
いや、売れないコンプレックスはどうか知らんけど、
白熱議論真剣2chしゃべり場みたくなった時に、
「これで低級とかサイユウのパロしてるヒトもいるんだよなー」
と思ったら、なんとなーく「小説とは!」ってガチガチにならんでもいいじゃん、とオモタ。
なんか妙に心構えとか、姿勢とか、志とか口に出したがる人が多いよね、って話さ。

37 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 11:49 ID:FVOoUb8I
>33 >36
わかる〜。
前に話題振りで単語の使い方について話振ったら
「そのくらい辞書引いたら?辞書手元に無いの?字書きの癖に」
みたいなレスが……。
なんかあんなレスされたらなんも言えなくなるよ。

38 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 11:52 ID:yBnyETbp
どっちも書いたり描いたりするけど、そんな事考えたことないなあ>1
何かを表現する時、自分にとってベストなものを「自分が」選んで
そうしてるんだから、妙な引け目や変なプライドを振り回すのは疲れるだけだと思う。
誰かに押し付けられてやってる訳じゃないんだから。

1さんは、小説だから絵だから、と判断されてると感じて不満に思ってるのかも
しれないけど、実際の判断される材料はそこではなく、別な所にあるように思うよ。

39 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 12:39 ID:UoRcchxj
ま、現在の同人事情からすれば、まずパイの大きさからして違うからな。
字書きのピコと絵描きのピコは同じ(0は何倍しても0)だが(w
中堅の下くらいからもう全然違う。売上からすると。
でもな、それが選んだ道なら自己責任だろ。

40 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 13:50 ID:oOajONPi
同人誌制作に参画したのは1回だけだが、
そのとき漫画落として小説のせてもらいました。

ふぅ……逝ってこよう。

41 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 14:27 ID:HG4/m+Xd
鉛筆落書きコピーで本出して売れてる絵描きを見ると羨ましい。
もちろん魅力的な絵だったり、あるいは話だから売れるんだけど、
製作時間がちょっとって意味でね。
小説でそんなことしたら文章が大変なことになってるよ……。
売上も違うとは思う。でも小説書くの好きだし、読者さんのまた読みたい!
って感想があるからやっていけてると思う。
それに、損な部分は確かに目立つけど、いい本に対する評価は同じだと思います。
まあ値札にでっかく「小説本」とか書いてあるのに手に取って、
「小説ゥ!? ゴミかよ!」って投げ捨てられた時にはまんががなんぼのモンだってのさ!
……と思ったものですが。(絵描きの皆さん、すいません……)
小説を見下す人がいなかったらなあとは思ってます。

42 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 15:01 ID:t/UKejSI
絵は確かにぱっと見で評価される分、内容が良くても
絵が好みじゃないとか、ヘタレだったら手に取ってもらえないから
考えようによっちゃそっちの方が逆に損な気もするけど。

私はギャグ漫画描きなのだけど、ギャグというだけで見下されたり、
安易な本と思われたりする事があるけど、それを損だと思ったことは
ないぞ。(ムカツクことはあるけど)
好きだから描いてるんだし。

43 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 15:27 ID:Jdy+xX6L
み、見下されることなんてあるんすか…。
何を根拠に、何の得があって。

44 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 15:33 ID:qdN3NZIM
文字が読めないから>根拠
理解できないものは消えてくれた方がラッキーだから>損得

言葉の綾が死語だもんねぇ…たこやきの国だけかもしれんけど。


45 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 21:10 ID:K235UVX9
同人誌を作る上ではストーリー面に手を抜けないから損だ、と
思う事はあるかな。ポエム漫画は絵になるけど、ポエム小説はただのヘタレだから。
でもその分漫画より作業数が少ないので多分トントンなんだと思ってる。

ただ、絵描きの子同士がやってるFAX交換に入れなくて(´・ω・`)ショボーン とした。
ていうか、うちにFAX自体来なかった。ハブられてたのかもしれんが。
一人小説FAXするわけにも行かないし、
それ以前に落書きのスピードで小説は書けない。
今思い出してもあの時はどうすれば良かったんだろうと思う。

46 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/10/31 21:45 ID:hYvE+Vyq
ポエム小説=ヘタレっていうのはどうも…
いいのに当たる確率は低いけど決めつけはイクナイと思うが…

47 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 02:03 ID:bLE6kHOf
字詰めが綺麗な本は手に取っている時間が長くなるのは職業柄ですが、それだけで買ってしまう
事もあるので気を使える環境にいる人は手を掛けた方が得なのは間違い無いかと。

48 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 10:09 ID:VpxlZRMD
いや君の職業聞いてないから

49 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 14:16 ID:O57Igizr
>41
>鉛筆落書きコピーで本出して売れてる絵描きを見ると羨ましい。

>製作時間がちょっとって意味でね。

あ〜、絵描かない人の感覚だね〜。
線が多少荒れてても抜けててもあとでなんとかなるペン画用下描きと
鉛筆本用の鉛筆主線は似て非なるものでつ。
それにスケッチ・デザイン・作画・修正・修正・修正(ワラ …って行程考えると
落書きという印象ほど制作時間は短くはありませんがなにか?
絵というのはもともと「作業」にえらく時間を食われるものなんでつがなにか?
習作が発表作の何倍も何十倍もの量あるのが普通ですが な・に・か ?

鉛筆本出すヤシが鉛筆本しか出してないわけでもあるまいし
作業時間のことで小説屋さんになにか言われるスジアイだけはないな…悪いが。

まあ頭冷やして、と

時間も手間もかかるが読むのは一瞬。
一所懸命ストーリーを作っても、所詮絵柄で判断され。
絵だって損なとこは色々あるんだと思うよ。
でもそれを承知で選んだのさ。
ペンだこのインクが洗っても洗っても落ちないのもね…鬱

50 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 14:47 ID:VpxlZRMD
>ペンだこのインクが洗っても洗っても落ちないのもね…鬱

マクベス夫人みたいだのう(w

51 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 15:15 ID:xzq8c7Nh
あるゲームジャンルで200ページの長篇出した時に
このキャラで長い話を書いてくれるだけで嬉しいって言われたり、
読みごたえがあるから小説狙いって人もいっぱいいるし
私は小説書きで損だと思ったことはないよ。
だけど以前、商業誌でも描いてるマンガ描きさんの知り合いに
小説っていいよね〜ただ文章打って本にするだけだもんね〜
所詮マンガは損なのよね〜と、延々2時間もグチられちゃって。
しかもその人商業誌の仕事に詰まると必ず電話してきてグチる。
私もマンガ描きの相方の作業見てるし仕上げの手伝いしてたから
絵描きさんが大変なのってよくわかってるつもりだったけど、
あまりにも『小説書きはラクしてる』と責められ続けて、つい、
じゃあ書いてみたら? と吐き捨ててしまった。
もう少しオトナだったら我慢もできたかも知れないし、
そうねラクですよ申し訳ないですね〜と笑って流せたかも知れないけど、
吐き捨てた後のヤな気分は今でもどこかに引っ掛かってる。
どっちが大変とかどっちが優れてるとか、そんなの空しいよ。
それに自分のやってることを損だと思うなんてもっと空しい。
情けない。



52 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 15:22 ID:TqgCYncp
>49
私は字書きだけど、作業時間に関しては同意だな。
鉛筆らくがき本のように、推敲も何もしない一発書き本は小説でも作れる。
構成も単純、伏線も思い付きだけ、あとは全体の雰囲気で読ませるような話なら一日で製作可能。
長編が間に合わないときは、そんな誤魔化し本を作れるし、
絵の上手い作家の落書き本が売れるのと同じように
それなりの文章で引き込む世界を作れる作家なら普段と余り変わりなく売れる。
そして、そんな本ばかり作り続けたら、読者に愛想を尽かされるのも一緒。

53 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 17:09 ID:Wfwwqvlt
>51に禿同!!

字も絵も、どっちも大変だと思うよ。
絵描きのツラさも分かってるけど、でも「字は楽でいいよね〜」
とか言われるとやっぱちょっとムカとくる。
絵はみんなでハラシマれていいけど、字書きは孤独だからなぁ。
しかし、字は原稿しながらネットも出来るという長所が。

字のほうがリピーターはつきやすいよね。
絵も字も、ようは力量次第。精進してがんがろう!

54 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 17:26 ID:VpxlZRMD
>53
>字は原稿しながらネットも出来るという長所が。

それは罠!罠!(w

55 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 17:40 ID:rj0eGRu5
>字のほうがリピーターはつきやすいよね。

気のせいなのかなんなのか、これって実はあるような気がする。
自分も字書きさんで「うむ、これは!」と思ったところはずーっと買い続けてる。
自分とこのお客さんもそんな感じな気がする。ここいいよとか薦めてくれたり。
自分の漫画描き時代と比べてそう思うんだけど、漫画描いてた頃の方が
話作り下手だったからとかそういう要素もあるかもしれないから、一概には
言えないんだけども。

56 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 18:04 ID:xcIQOGyC
>49
41ですが、私が言ってるのはまさしく「落書き」の本なんですよ。
>線が多少荒れてても抜けててもあとでなんとかなるペン画用下描きと
>鉛筆本用の鉛筆主線は似て非なるものでつ。

それはもちろん分かっています。
私が知っているものは並ばせるための限定本。どんなに絵が歪もうがなんだろうが、
49さんがおっしゃるような修正なんて一切なし。
内容はもちろんのこと、出来上がりも本当に酷いものでした。

絵描きの友人もいますので、絵ならではの大変さも分かっています。
どちらにも「ここは楽」「ここは大変」って面はありますし。

57 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 18:10 ID:XpA+1ese
字書きと絵描きの関係スレ向きな雰囲気も出てきたね(w;
41はなんか字書きに嫌な目に遭わされたのかと思ってしまいますた
自分は両刀だけどどっちも早く書けるから苦労はあんま感じないかな
ただ、小説の読者の方が熱心な気はします

それでもどっちの方が楽かと聞かれれば小説かな?
PCだけで書けるしハラシマっても部屋があんま汚れない
まんがもデジタルになろうか真剣に考えてる
ちなみに自分は字書きに絵は楽だよね〜と言われて悲しい思いをしたことありまつ
修正は小説のが楽だと思うけどな・・・トホ

58 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 18:24 ID:9V8sXwcz
一目見てバランスが崩れた事がわかる絵描きと読み返さないと矛盾に気付かない罠が
ある物書きは一概に比べられないかと……
っつーか、オンの新作、土壇場で筋の前後に矛盾を見つけてもにょってるよ(w;;


59 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 19:42 ID:SK7PTN/z
>58
逆に言えば、冷静に読み返して矛盾に気づけば、コピペその他を駆使して
修正いくらでも可能なのが文字の利点でもある。絵はそうはいかんもんな。
自分はどっちもやるけど、ただ【創作する】という点に絞れば
どっちが損で得ってのはないんじゃないだろうか。
そこに売れ行きだの、漫画人口のほうが多いだのといったサブ要素が入ると
確かに小説のほうが低くなるかもしれんけどね。

60 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/01 23:11 ID:cbin4ORY
この手のハナシって昔っからさんざんループだよな…。
同じようなスレ何回も立ってるし、その度にループ繰り返し。
結論も「どっちも大変・どっちも同じ」で終わってるよな。

61 :1/3:02/11/02 11:22 ID:A9ovVQEZ
損か得かと言われれば、字書きは損だと思うことは私もあるよ。
そこで「じゃあやめれば?」といわれたら、
違う話で「そういう言い方されると何も言えなくなる」ってあったけど、
そうなっちゃうね。
これは聞かれたから答えるだけで、毎日「損だ損だ」って思ってるわけじゃない。
私は小説が好きだし、上手い下手はさておきプライドを持って書いている。
ただ、私のいるジャンルは低年齢なせいか、
本を手に取って開いた瞬間「何だ小説か」と、一行も読まずに置いていかれる事が多い。
凄いひとだと、通り過ぎザマにめくり、投げて返しながら去るのもいる。
こういうのはすごく悔しい。
表紙で「小説です」と書いたり、
手に取りやすいように簡単な粗筋を読みやすくレイアウトしてあるのに、
それもぱあどころか、最初から「小説」が拒絶されているわけでしょう?
こういう悔しさって、絵描きさんにもあるのかな。
絵描きだってだけで拒絶されるような、何か…

62 :2/3:02/11/02 11:23 ID:A9ovVQEZ
それからもう一つ。
イベントで知り合った人にサークルやってるんですよと言うと、
目を輝かせて「なんて言うサークルさんなんですか?」と尋ねてくるのに、
小説書いてる〜〜ですと名乗ると、一気に引かれることが多いこと。
絵描きさんと知り合いになりたかったんだろうけど、
小説書いてるといった瞬間「声かけて後悔した」という顔までされるのはいかがなものか。
はっきりいって感情を害すことこの上ないし、屈辱的でさえある。
揚げ句に相手が絵描きだった場合、自分が「狙われている」ように勘違いして、
勝手に脅える人までいるので、もう本当に鬱だ。
小説の挿し絵描いて欲しいとか、表紙描けとか迫られるなんて被害妄想も甚だしいったらないよ。
こっちにだって選ぶ権利はあるんだぜ…トホー


63 :3/3:02/11/02 11:24 ID:A9ovVQEZ
読まれてからノーというのなら、まだ分かる。仕方ない話だとも思う。
それ以前の問題で、いやな思いをしたことは他にも結構あるから、
だから、あえてこういう言い方をすれば小説書きは「損だ」とは思うこともある。

損得という言葉に引っ掛かるなら言い換えてもいいが、
小説書きだってことでイヤなめにあったことは、
私の場合で言えば、聞いた話、絵描きの友人よりはるかに多い。
だったらやめろとか、そんなヤシは特別しょうもないんだとかいうのは、
議論のほかだと思う。別にやめたいわけじゃないし、現状を受け入れてもいる。
ただやはり、損してるかもとは感じてしまう。
それは絵描きが「絵描きって損してるかも…」と思うことがあるとすれば、
それと同レベルなところなのかもしれないね。

私は絵が描けないだけ、絵描きさんを尊敬している。
同じように扱ってくれる人には文句を言ったりはしないんだけどな…

64 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 11:30 ID:vE27V9AD
字書きって自分語り好きだね

65 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 12:01 ID:Npyq+c/e
>64
61を字書き代表とされては困る。それ以前に字書きとしてはどうかと思うよ。

小説は、それだけで敬遠されたり、絵描きと仲良くなれなかったり、
嫌なことがいっぱいある。
でも、プライドがあるし、絵が描けないので書いています。

って事をこんなに長々書くのは。
スレ違いっスね。逝ってきます〜。

66 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 12:14 ID:K3dOsaw8
どちらも大変だから、どちらが損とかいうことはない、というのは間違い。
大変さ以外のパラメータを故意に無視してると思う。

特に男性メインのジャンルでは、絵描きは売り上げもちやほやされ度も段違い(w

67 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 12:14 ID:U5aqMa0H
談話室でもよく、自分は自分はってなってるよ<字書き

68 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 13:58 ID:dnXtWydn
「はげどう」の四文字で終わるところを
言葉を変えて述べるのがスキな人が多いっぽいね。たしかに。

69 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 14:17 ID:CTgDZwgr
61さんをそこまで悪く言わなくてもいいと思う。
正直、自分が経験したこと全部書いてもらったところもある。
現実にこんなことはあるよ。
絵描きって自分の方が偉いって思ってるよなーって人もいるしね。逆も然りだが。
ただ絵描きならではの悔しさかどうかではないけれど、へたれな絵描きはいなくていい。邪魔! 
……って言われたって話は聞いたことある。
それ言ったら同人自体どうなるんだろうねえ。

70 :ルサンチマン ◆1Bl/BDeZDA :02/11/02 15:00 ID:jRR9fOML
字書きが自分を語れなくなったら字書きなんてやめちまえ。
物語は自分の考えや生い立ちや経緯や読んだ本から語られるもんだ。

71 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 15:05 ID:MveSAoNW
ここは今から字書きの自分語りスレになりました

72 :ルサンチマン ◆1Bl/BDeZDA :02/11/02 15:10 ID:jRR9fOML
>>71
スレタイトルを見ろ。
今からじゃなくて1から自分語りのスレなんだから。
不注意なのはだれにだってあることだ。
疲れてるんだよ。

な、悪いこと言わないから、今日はもう回線切って、エロゲーでもして出すもん出して寝れ。

73 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 15:14 ID:biI/NS9t
じゃあもう絵描きはレスしちゃダメなのかー

74 :ルサンチマン ◆1Bl/BDeZDA :02/11/02 15:20 ID:jRR9fOML
別に字書きは絵描きを見下してる、とかじゃなくて、
わけのわからん、理由としては微妙に不当な理由で
「ずりーなあ」とか「うらやますぃなぁ」程度の苛立ちなり抱えてるだけなんだよ。
お兄ちゃんばっかりずるい!とかそういうのと一緒の感覚だと俺は思うのだが。

>>73
バカだなあ。
自分語りしてるからって、相手に黙れとは言ってないじゃん。反論したければすればいい。
でも結局こういう時に帰ってくる返事はえてして挑発なんすけどね。
そして自分語りをしてる時は、他人の意見なんて聞こえないんですが。
同人板の自己語りコテハンが言うんだから間違いない。コレホント。

75 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 15:25 ID:zfOSGWwH
ルサンチマンは字書きなんだね

76 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 16:33 ID:dnXtWydn
なんか、トレンディ俳優が舞台へ転向して、
「舞台は舞台は」と言っている気持ちが解るようなスレですな。

77 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 16:51 ID:lk1ug6SA
age

78 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 17:20 ID:/u6sBCzb
てか、ここ見てるとスレタイ・記事に「損」「得」の文字が踊りに踊ってるが、
そもそも漫画にしても小説にしても、同人って「損」「得」で
やるもんじゃないだろ?
やりたきゃ、やる
やめたきゃ、やめる
それが同人の真理で、損得をウンチク言う奴は
ハナから勘違いしてるってのはどうよ?

79 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 17:26 ID:Bronipnq
じゃあ絵も文もいける人が最強ってことで。

80 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 17:30 ID:bKEu5ybS
私は絵専門から小説も書くようになったけど、小説の方が得なこともあると思うよ。
だって長編ストーリーが浮かんじゃったら、漫画ではとても無理。
プロでも描き上げるのに、十年以上掛かったりするんだからね。
反対に小説なら、浮気しなければ長くても3-4年じゃない?
ストーリー派なら、読むも創るも小説がお得でしょ。

81 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 17:42 ID:19hUxT7t
私は字書きやってて「損」とは思ったことないなー。
確かに絵が描ける人は羨ましいし尊敬すらしている。
け・れ・ど。ちょっと視点を変えて字書きのメリットを上げると
「場所を選ばないで作業ができる」ということだ。
職場で、学校の授業でこっそり、喫茶店でもこっそり…いや堂々と執筆できる。
しかし絵描きさんは多少場所を限られるでしょう。特に同人原稿だと……。
字書きはパソコン・ワープロがあれば書ける。間に合わせでノートに走り書きでも可。
でも絵描きさんは画材道具一色(原稿用紙・スケール・トーン・カラーインク等・ペン先等)
揃えるとなかなか財布泣かせだ。
作業工程も字書きは、構想−プロット−本文執筆−推敲−仕上げ
絵描きさんは、構想−プロット−下書き−ネーム−ペン入れ−トーン貼−仕上げ
(漫画の工程はデタラメでつ。誤りスマソ)と、大ざっぱ的に小説の方が進行段階が早く見える。
……実際は、大した差はないと思うでつが。

まとめ。小説書きの利点は本人の集中力さえあれば「場所関係なく書ける」
ということでつ。

82 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 17:55 ID:KoVAB6bh
確かに普通のオールジャンルイベントだと、渋られやすい。
買い手も時間が惜しいから、パッと見で選ばざるを得ない所も無いとはいえないからね。
お勧めは、やはりコミケか(活動ジャンルのものがあれば)オンリーイベント。
客も好みの作品を1つでも多くゲトしようと、じっくりと選んでくれる。

小説サークルには、実はリピーター率が多い。
まあ焦んなさんな。

それよか自分の感情ばかりにかまけて、読んでくれる人への心遣いを忘れていないか?
愚痴るのも結構。
でも、人にはそんな姿を気取らせるなよ。
読んでもらってこその、創作活動なんだからさ。
一度冷静になって、他人になったつもりで自分の作品を読んでみな。
渋られる理由が、見えてくるかもしれない。

ちなみに自分は両刀使い。
でも小説のときは、なるべく絵は描かない。(その代わり装丁に凝る)
確かに売れ行きは絵より落ちるが、
新刊が出たと喜んでくれる客の笑顔があるから止められないよ。

83 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 18:24 ID:dgq3RDcL
原作がアニメだったり漫画だったりする以上、
読者もアニメや漫画が好きなわけで、小説の需要が少ないのは当然。
「原作が好きで小説も好き」な奇特な読者の掘り起こしに力を注ぐ
手間の分だけ字書きの方が損かなあ。

84 :ぴこ手SSサークル:02/11/02 18:26 ID:M9yBX5SP
そりゃ、売れる売れないで言えば絵描きさんより
売れないから不利っちゃ不利だけど
それをわかってて好きで出してるからなぁ。
まあ勿論たくさんの人に読んで貰いたい気持ちは凄くありますけど
心の優先度は
1.好きな物を書く
2.出来れば、たくさんの人に読んで貰いたい。
3.良い感想を貰いたい。
4.在庫が無くなる。
大多数の小説サークルさんはみんなそうだと思っていたのだが?
俺が変だったのか?

85 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 19:14 ID:M9yBX5SP
84>
同感だね。

好きな物書きたいっていうのが同人やってる理由だと思う。
中には違う人もいるかもしれないが・・
要は自分が書きたくて書いてる物が他の人に受け入れられるかそうでないかが有名ドコの違いじゃないかとオモワレ。

そういう意味では絵かきも字かきも損得で差はないとおもってるんだが・・

どうでしょ?

86 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 19:19 ID:TCIwtsZM
>>84
以前はそれが当然と思ってたが




いつの間にか、ピコですら損得勘定に走ってる気がする…

87 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 19:28 ID:tK9Wm19G
「字の方が印刷代かからなくていいよね。」と言われたことはあります。
自分なりに装幀凝ったりしたので、その時はちょっと言葉に詰まりましたが。
字と絵、というよりオリジナルだと損かな、と思ったりはします。

88 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 19:30 ID:KoVAB6bh
そうだね。
書く対象(パロなら元作品、オリジナルなら創作世界)に愛情を持っていて、
それを自分で表現していく醍醐味が、書き手の幸せだよな。
文章も絵も、書くのが好きだから書く。
あまりにも当然のことだと思っていたから、わざわざ書くと恥ずかしいが。

89 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 21:10 ID:Ip647kPN
>85
誰か別の人へのレスの間違い?
それとも自演?

90 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 21:47 ID:lk1ug6SA
自分絵描きですが、小説のほうが分厚くなりがちだから印刷代は
小説のほうがかかってると思ってる。
でもトーンがつぶれたーとか、線がとんだーとかいうことは無いだろうから
そこがちょっといいなあ、と思ったりする。

91 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 23:25 ID:1W/hNcKe
>84-85晒しage

92 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 23:37 ID:iYeW0aCC
『得をしなけりゃ損してる』
そんな浅ましい根性の人間が増えました。

93 :85:02/11/02 23:37 ID:M9yBX5SP
84とは別人ですけど。書き込んだ時間は本業の休憩中だしね。でもIDが一緒なのは何故?

それに84へのレスは一行目だけ。改行して自分の意見を書いたつもりだったんだが・・

84>迷惑かけてスマソ

94 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/02 23:47 ID:XtoY3ayh
>>93
ID一緒の原因は

1、自作自演
2、何億分の一かの偶然
3、同じ端末、もしくは同じLANを経由して書き込んでいる。

真実は分からないので俺は一番確率の高い1でファイナルアンサー。

95 :85:02/11/02 23:53 ID:nTKrxuhF
自演じゃないのに自演と言われるのは心外だなぁ。
かと言って携帯からだから3は消えるし・・
鬱だ・・

96 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 00:01 ID:RD5JiCxn
携帯だとIDかぶることあるってよ

最近絵も書き始めた字書きですが、私の周りは小説好きな人ばかりなんで
ぴんとこない。マンガで表現できるものと字で表現できるものは違うけど、
いいものを読んで心に残るものは一緒だ。
マンガしか読まれないジャンルもあれば字が好まれるジャンルもあるけど、
どっちにしろいいもの書いてりゃ評価されると思うんでつよ。

97 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 00:03 ID:RdA5NvQJ
頑張れば創作小説でも100近く売れます。>1は精進しる!!

98 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 00:04 ID:2YufQerr
>>65
絵描き同士でも仲良くなれませんが、何か?
出力する為の手段がなんであれそこには巧い下手は絡むし
それをクリアしても最後に待ち構えるのは気が合うか合わないかじゃないの?
そもそも、なんでそんなに絵描きと仲良くなりたいんですか。

99 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 00:07 ID:2YufQerr
で、絵描きと仲良くなりたいのなら仲良くなりますよ。
ヘタレ絵スレに晒されてもおかしくない腕ですがね。

そういう絵描きは嫌なんでしょう。どっちにしろ、
自分の小説に挿絵を付けて欲しい*綺麗でお上手な*絵描きさんなんですから。
あまりがっついた態度晒すと、せっかくの絵描きさんも逃げちゃいますよ(w

100 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 00:08 ID:G4m3ubBE
その頑張りどころを聞きたいんじゃないのか?
……
頑張りどころか……

100ページ以上、A5、二段組みで、400円あたりから
はじめてみようか……


101 :97:02/11/03 00:12 ID:RdA5NvQJ
まず内容をひたすら頑張る。これは大前提。

そして、極力装丁は美しくする。そこそこ目を引く表紙は必須。

さらに価格を極限まで安くする。200ページで400円を下回るくらいが望ましい。

その上でスペースのディスプレイを華やかにする。

簡単に言うとこのくらいです。しかし、険しい道ではありますが。

102 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 00:19 ID:du2zqswR
あとねー、小さいことなんだけど
本文がずれて印刷(コピー)されてないと、さらによし。
微妙に読む気が殺がれるよ〜。
いくら(゚д゚)ウマーくても、微妙に萎えるよ〜。

103 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 00:22 ID:jU5kJCiE
>102
文章を出力して貼り付けるタイプの原稿で
一 文 づ つ ズ レ に ズ レ て貼り付けられていると

途端に読む気無くします。苗ー

104 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 00:34 ID:Xho3qO0c
原稿用紙に直出力してますが。
ヘッダー(文書スタイル)調節すれば可能だ。

105 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 00:44 ID:dDIJxv8a
>101
200ページもあるのに400円なんて安価をつけられたら、
面白くなくて売れなかったから在庫セールでもしてるんだろうかと思って
自分なら逆に手に取らんような気もする。
値付けは1000未満に抑えるくらいでえんでないかと。それでも安いしな。

106 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 00:45 ID:gPElg9A+
>極力装丁は美しくする。そこそこ目を引く表紙は必須。

あ、わかる。あんまりにもダサイと言うか適当なデザインだと内容もちょっと疑ってしまうw。

107 :105:02/11/03 00:47 ID:dDIJxv8a
あ、でもジャソルによるか……パロ系旬ジャソルで105状態だとチョト引くけど
オリジナルとかなら手に取るかもしれんな。

紛らわしいこと書いてゴメソ。

108 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 00:54 ID:WHO5yE1c
上手い絵描いてる人間はそれなりに努力して金貰ってる。
努力も出来んで小説にスルーして、絵描きを妬み
ながら文書いるやつは阿呆。書くのが好きに
なれない奴なんてやめちまえば?

109 :ルサンチマン ◆1Bl/BDeZDA :02/11/03 00:57 ID:9X3b/xS/

と、このように、絵描きに嫉妬しかできない字書きもいれば
字書きに大してでかい態度を取ることで自分は下じゃないと思う絵描きもいるわけで。


110 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 01:07 ID:du2zqswR
うーん。でも、字書きの努力ってどんなだろうね。
絵の場合、毎日とか枚数イパーイ描くと
今まで描けなかったポーズや物が描けるようになる。
つまり、パッと見で努力がわかる。
字の場合はイパーイ書けば上手くなるのだろうか…。
自分は絵と字をやるけど、自分で解らないなぁ。
書けば書くだけ後で「オオオー」となることがよくあるよ(w

111 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 01:09 ID:Z4jujUEh
ろくに努力も修行もせずに「絵が描けないから」と言って
SSもどきのヘ文書いてる厨どもが多すぎる。大概オバ厨。
そういう香具師に限って○文字/分のペースだの何分で一本書いただの長編(w一日で上げただの
舐めた事をさも自慢げに言うだろ。とりあえずページだけ稼いだヘボンを楽して作ってるだけにしか思えない
絵描きにも字書きにも失礼だよな。
絵描きでもこういう香具師はいるがな。

112 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 01:16 ID:G4m3ubBE
>>110
毎日毎時、いろいろなことを文章化するクセをつける、ってとこでしょ。
それこそ一行読むだけで、表現の工夫で精進の成果がわかるわけで。
外見や情景の描写、アクションやセリフまわしに巧拙ははっきりでる、と。


113 :97:02/11/03 01:18 ID:RdA5NvQJ
文章も一杯書けば大抵、成果は出ますよ。もちろん、ダラダラと書かないことは
最低条件ですが、そんなことすらも出来ないならばまだまだ三流以下。

個人的な考えですが、
年に長編一本仕上げられれば(原稿用紙換算で400枚くらいでしょうか)、素人
同然レベルからは脱却できるでしょう。
これが二本、三本となる頃にはそこそこの実力が付いています。

しかし、そこそこと上手いの間にはなかなか深い溝があります。なおかつ、問題
なのはここまで来ると単純な文章技量の問題よりも着想の鋭さやストーリー展開
の巧みさ、キャラクターの魅力といったなかなか肌で捉えにくい部分が勝負にな
ってきます。

こうしたことは本人にはなかなか分かりません。一つお話を書いて、感想をもら
って何とか朧気に掴めるか……? と言ったところではないでしょうかね。

114 :97:02/11/03 01:20 ID:RdA5NvQJ
>111
>そういう香具師に限って○文字/分のペースだの何分で一本書いただの長編(w一日で上げただの
>舐めた事をさも自慢げに言うだろ。

言わせておけばいいと思います。漫画ですら駄作は無惨に忘れ去られますから。ましてや、小説に
おいておや。コンプレックスの裏返しなのですよ、己の技量の未熟さが怖いのでしょう。

とはいえ、それまでに比べて急にスピードアップできると「早くなったんだよー!」と言いたくな
ってしまうのも事実なのですが(笑)。まあ、乱文駄文になってないかが根本的な分かれ目かと。

115 :97:02/11/03 01:23 ID:RdA5NvQJ
>113
なかなか多すぎ……鬱だSNOW

116 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 01:23 ID:xz7ZnkXD
漫画20ページは通常1週間〜数週間はかかるが
小説はせいぜい1〜3日だもんな

117 :97:02/11/03 01:27 ID:RdA5NvQJ
その通り。一日に原稿用紙五枚、十枚など威張れるもんじゃありません。三十枚、四十枚でも
どうだか。空白除けば一万文字以下ですからね。

漫画一ページ仕上げる時間で十枚は書けなければ。

118 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 01:29 ID:9SuUEFsf
>>110
どんな字でも読むこと。後は相手の話(考え方など)を聞くこと。それと雰囲気を感じることとか。
自分の場合、書くことは重要ではなかったから、こんなもの。
作品を何回も書くより、何回も読み返すほうがいいと漏れは思ってるよ。
何か書けば書くほど想いは磨り減ってしまうから、どちらかと言うと貯めの方向に走ってる。
頭の中に溢れ出しそうなほど、作品の骨格が見えてきて始めて、文章を打つ。

まあ、書きたくなったら書く。と、上手くなりたいから書くとは別次元なんだろうけど……。

119 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 01:30 ID:nVxd94eS
まあ小説はさ、高みに行ければノベール賞でも手に入るもんな
漫画にはとーてー無理
だから高み目指して頑張れば(w

120 :ルサンチマン ◆1Bl/BDeZDA :02/11/03 01:34 ID:9X3b/xS/
と、このように、本人の実力ときたらどうしようもないくせに小説のよい部分だけをとりあげて
絵描きに対して優越感を示そうとするオバカさんもいるわけで。

121 :97:02/11/03 01:34 ID:RdA5NvQJ
そりゃ表現媒体として歴史があるからに過ぎません。一般的に言えば、漫画に押されまくって
ますよ。消えはしませんし、読む人はたくさんいるでしょうけど、比べてみるなら悲惨なもの
です。

でも、小説にも利点があって……出版後のことはさておき、製作にコストがかかりにくい。
ゲーム業界のように資金がなければ作ることすらままならぬということにはならないです。古
くは紙とペン、今ならワープロあればいいわけですから。

この点は漫画に対してもはっきりと優位です。こういう産業はしぶとい。

122 :110:02/11/03 01:34 ID:du2zqswR
おー、努力の跡は解るかぁ。
ただ、自分ではどうも、解らないんだよー。
面白い本をイパーイ読んでも、面白いものがかけるかどうかは別問題だし。
つか読む量と書くものの質は、正比例はしないもんね。
なんか、かえって「読まない」人の書くものの方がイイ気が最近してきたので。
「読んでる」人の衒いが見えてくるというか…。
もっとこう、カセをバーンと取っ払ったものを書きたい&読みたい。

なんて、ヘンな語りすんまそん。

123 :97:02/11/03 01:38 ID:RdA5NvQJ
作家になるには本を最低、一千冊なんて言いますが今はそうとも言えないかもしれませんね。

参考にするなら、ゲームや漫画も立派な素材ですし(しかも、有効な)。

でも、やっぱり読まないよりは読んだ方がいいですよ

124 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 01:40 ID:G4m3ubBE
漫画のネームを描いて、それを小説にするという訓練をしている人を
知ってる。
ネームったって、○に+だけのものなんだけど、自分がなにを書きたいのかが
把握できるし、絵がラフなだけに描写の工夫に頭を使えるそうだ。


125 :97:02/11/03 01:44 ID:RdA5NvQJ
それは面白いですね。そうして書いた文章を読んで……ネームのような構図を
読者に浮かべさせることが出来れば最高ですね。

126 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 01:52 ID:du2zqswR
122書いててふと思いますた。
読んでる人の衒いというか、
どんな厨でもドキュソでもスイッと読めて「感動したっ!」て
言ってもらえるような文章を書きたいなぁ。
「本を読みなれてない人は読めない」なんて、悲しい。
まあそれにも、筆者がイパーイ知識や感情を蓄えて、上手に出せるようにしないとね。

127 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 01:53 ID:G4m3ubBE
俺も面白いと思ったよ。
絵よりも、文字をあやつるのが好きだという言葉もね。

ただ弱点もあって、視点による制約を忘れてしまうためか登場人物が多くなってたのと、
セリフが漫画にありがちな説明口調になっていってた。



128 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 01:56 ID:W8u2g44B
126>理想だなあ
なるべく早く書き上げて一週間ぐらい放置して読み直すようにしてますが。

ネーム方式もやってみたことあるけど、
私の場合やはり文章とは頭の使い方が違う気がします。

129 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 01:58 ID:G4m3ubBE
>>126
そういう作家を捜して、傾倒してみては?
「メジャーな作家に学ぶこと」の第一かな、と思います。


130 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 02:11 ID:du2zqswR
傾倒ならしてるさぁ!(w
最近だと、「GO」や、佐藤賢一の一連の歴史物あたりはそうじゃないかなーとオモタ。
(主観なので突っ込んじゃイヤソ)

逆に、ゴッキゴキの「文学作品ですが何か!?」と言っているようなのも好きなので、
その辺のバランスが取れないんだと思う。
読んでくれて「イイ!」と言ってくれる人が、文学好きな人が多いぽいので…。
↑これはとても嬉しいけど

パロの場合、いわゆる本読みでない人も読んでくれるっていうのがうれしいね。

131 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 02:17 ID:ueCwA7yT
絵も描く字書きで、小説書くの方が好きなので字書き一本に絞ってるのですが
「なんで漫画描かないの?」とよく言われます。損をしていると思ったことは
ありませんが、小説が「逃げ」扱いされているとは感じますね。
自分の絵を誉めてくれるのはありがたいし、好きだと言ってくれるのも嬉しい
けど、言われれば言われるほど自分の文には絵ほどの価値が無いように言われて
いるうようで密かに鬱。「文章の方が好きなんじゃ、ぼけ!」と叫びたくなる。
今は滅多に落書きもしないし、極稀に押し切られて合同誌の表紙描かされる
ぐらいなのにな。

132 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 02:23 ID:G4m3ubBE
>そうじゃないかなーとオモタ
だと傾倒とはいわねーんじゃねーの?
面白いと思った→スゲー! なんでこんなに面白いんだ!→技術盗んだる! 研究したる!
→面白くないと思った小説は、○○に比べてここが足りねーんだ→○○マンセー! この
技術にオリジナリティーを加えるぜ! 
てな入れ込み具合を想定してたよ。
最後のオリジナリティーを盛り込む気概が重要なんだろうけど。
ま、これは小説に限ったことじゃないけどさ




133 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 02:26 ID:du2zqswR
そうだっ!そうだとも!大好きだとも!
原稿用紙に書き写したりしてみたとも!


これでいいでつか(w

134 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 02:36 ID:G4m3ubBE
>絵の場合、毎日とか枚数イパーイ描くと
今まで描けなかったポーズや物が描けるようになる。

と同じことだと思うけども?>書き写し
上手くなるためのなんかをしてれば、上手くなるってことでさ。
まあ、なんにしろ、なんだって簡単じゃあないわなぁ。




135 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 02:41 ID:o4tuIwyf
>131
同意。絵もかくけど、小説を書きたいから書いてます。
単に絵を描くのと漫画かくのって違うのに、「どうして漫画かかないの?」
言われましたよ。

書き写しもよくしました。
今やってるのは、帰りに一個先の駅まで歩いて、
その間に文章考えてます(風景や通行人の描写)。
毎日やると上達する、と思いたい。

136 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 10:32 ID:Ic2GyRvs
>135
単に絵を描くのと漫画描くのって違いますよね。同意ありがとう。
まるで罪悪のように責められたこともあるので、ちょっと愚痴入って
しまいました。有意義な会話の中スマソ。

自分は練習のために、すごく好きな漫画のシーンがとか文章に直したりもしてみる。
どうやったら、この面白いと思えるテンポに文で近づけるだろうかとか考えながら。
通行人や風景の描写も135さんみたいに毎日は出来ないけど、地道にしてみてます。
あとキャラ作りの一環で「○○してみたら」をキャラ全員分考えたりとか。
この間上手くなったと言われたので、成果はでていると思いたい。


137 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 14:36 ID:bU8cRbFm
1みたいなヤシ見るたび
じゃあ絵ぇ描いてみろや、そらやってみろ、ほらマンガ描いてみろよ!
…と言いたくなるよ。できるのか。その覚悟はあるのか。
一朝一夕で絵描きができあがると思ってるなら、羨んでてくれ>1よ。
だが絵を描く努力をしたこともない・する気もないヤシが、絵描きの表層だけを見て羨むな。
百歩譲って、羨むだけならまぁ勝手だがそれを絵描きに言ってくれるな!

自分は字→絵に転向したんだけどもともと絵の素養が低かったから苦労した。
でも苦労の甲斐あってか、私の絵が好きだという読者もついてきてくれるようになったよ。
絵描きを引き合いに出して愚痴たれてる字書き見ると本当に本当に腹がたつ。
愚痴るほどに損だと思うならなにか行動してみたらどうなんだ。
私は損というより「小説じゃ無理なことがある」という理由からだったが
頑張って頑張って絵描きになったよ?
おかげさまで今では両刀いけるし、字書き一本時代にはわからなかったことも
見えるようになってきたよ。

なぁ損てなんだ? 小説読者が少ないことかい?
たしかにマンガに比べたら少ないよな。多いほうがいいか?
表現手段にこだわらず自分の主張を多くの人に届けることを最優先にしたいなら
私みたいにマンガも描けるようになったらいいよ。
私はより多くの人に見てもらうための手段=マンガ、と考えて絵に転向したんだ。
どんなドシロウトでも10年描いてりゃアマチュアでそこそこのレベルはいける。
…しかしそんな覚悟もなく
損だ損だといいながら絵描きをただ羨んでるだけなら身勝手もいいとこだね。

138 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 15:23 ID:wCTmOxD5
絵の素養が低いとか何とか言うが、
そこらに溢れる凡人レベルの絵描きなら根性すえてやりゃ出来ないレベルじゃないと思うんだが
勿論将来的に絵で食っていく、なんて高みに上り詰めるのは容易なことじゃないが
それは普通に絵を描いている人も同じ。

絵が描けない、から文章を書くって言っているが、
両方とも努力と素質は必要なんですが…

139 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 16:06 ID:27xce7az
遅レスですが。ちと質問
>97
原稿用紙○枚っていい方してらさるが、原稿用紙1枚って
何文字で計算してらさいます?? 400字でいいのかな。
話の腰折って申し訳ないが、ちょっと感覚的にどのくらいか
知りたかったのです。

140 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 16:10 ID:27xce7az
139です。
それと1ページって何文字程度とお考え??
当方原稿用紙に向かって小説を!とかやったことないので
ちょっとぴんと来なかったのです。度々すまそ。

141 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 17:33 ID:tMwKwNzU
なんかなー、なんでそこまで卑屈になる? って字書きがいるかと思えば、
なにをそんなに偉そうにすることがあるかね? と思う絵描きもいるね。
鼻息荒い人を見るとフーンって感じ。
まあここでしか本音言えないんだろうから、愚痴ぐらい言わせてやればいいのにね。

142 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 18:30 ID:nOXEzPl7
良スレsage 時間が出来たらじっくりRОMらせていただこう。
大変興味深い意見の交換の場であると思います。


143 :97:02/11/03 20:04 ID:RdA5NvQJ
行数ベースで計算です。故に

>一日に原稿用紙五枚、十枚など威張れるもんじゃありません。三十枚、四十枚でも
>どうだか。空白除けば一万文字以下ですからね

というわけで。

一ページに関しては……

文庫本が大体、600字程度。
新書サイズだと一割から二割増し(二段組だったりすると増えるわけで)

まあ、おおざっぱに1.5枚で1ページと考えればいいと思います。

144 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 20:32 ID:27xce7az
>97=143
どうもです。なんかピンと来ないもので。行数ということでしが字数だとおおよそ

原稿用紙 400字
文庫本 600字
新書 660〜720字程度ってかんじですかね。

145 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 21:30 ID:42rUwGwq
関係ない話になってしまうけど、
1って商売が下手なんだろうか。
ディスプレイや装幀である程度は目を引くこともできるだろう。
自分はどういうもの、もしくは元作品のどういう部分が好きだから
こういう話を書いた、と上手く説明できないんだろうか。

議論ループになってしまうかもしれないが、
やっぱ好きでやってることなんだから、損得なんていうならしばらく休めばよいのでは。
小説書くのが好きなら、上手くなりたい、読んでもらいたい、と思うのは当然。
文章上達の為に努力するのは当然だが、ある程度のPRは方便として必要だと思う。
知らないジャンルでも、話が面白い人の小説はついつい買ってしまうよ。

146 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/03 23:40 ID:nVxd94eS
字書きは損
絵描きも損
買い専がいちばんラク

147 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 00:03 ID:ipH7hjMp
>146ただし同人では最下層に当たる罠

148 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 00:05 ID:T9Gh2wYN
>147
転売屋の存在を忘れてはならんぞよ!
どん底層だアヤツらは

149 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 00:18 ID:m9oVRGh0
うーん……
逆に、オリジナルの場合は、漫画はスルーで小説は手に取るかな? (創作漫画は
小説以上に説明不足が多いんで。)
あらすじなり、ジャンルなりがポップで置かれてたら、とりあえずは手にとって最初の
数ページと、あとがきは読むよ。
ま、ホチキスすら隠していないコピー本は目にもとめないけど。


150 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 00:35 ID:ZTE0NL6K
webで読める同人小説って作者御本人直筆のショボイ絵がついてる。
あれ、いらない。

151 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 00:57 ID:KK1gu4Pe
>150
いや、オフラインでもたまにあるぞ。
表紙(or挿し絵)がない方が売れるんじゃあ…っていうような
作者本人の絵が。

152 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 01:08 ID:m9oVRGh0
うむ。フリーの画像のほうがいいんじゃないか? てのがな。
それはそれで旧来の同人的ではあるんだが……



153 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 01:21 ID:iyIojLLx
ちゃんと販売努力もしてるし、新刊もちゃんと出してて、作りも文句なくて、
なによりいいものを書いてくれる字書きさんの本の売れ行きが鈍かったら客としてなんか辛い〜
…ってことは、ありました。
この大手の中身スカスカまんがより物語としては絶対こっちのがいいのにー…とか。
でも三年経った今その字書きさんはかなり売れてるので、時間はかかってもいい小説は読者が
つくってことではないかと思います。

154 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 01:29 ID:4ha7h6+I
ウヲヲヲヲヲヲヲヲヲ!!!!!!!!!!
リア中時代に描いたはぢめてのマンガハケーン!!!!!!
「来夢☆待夢☆すたぁだすと☆」(らいむ・たいむ)ってタイトル、なんじゃあ自分!!!!
この首カックン腕カックン膝カックンの女の子たち誰ぢゃあ!!!
こっちの流し目長髪の美形を描こうとして輪郭から口はみだしてるオカマ誰ぢゃあ!!!
下で舌出してウインクしてるワイルド系描こうとしてガクランにサラシ巻いとるクソガキは誰なんぢゃあ!!!
中身がまたスゴイ。コワイ。やるせない。
これ、どうやって捨てよう。せめてもの救いは原稿用紙ではなく大学ノートに書かれてることか・・・

うをを、最後のページにイラストプレゼント券☆ってなんなんぢゃあ!!!!
氏ね自分!!!14年前に飛んでいって首根っこ捕まえてやめさせたい。捨てさせたい。
恐ろしくて内容は書けまへん・・・・・・。
ウヲヲヲ、なんでこんなん残していたのだ自分・・・ああッ!!
予定表が載っている!!! ・・・・・・・・・・・うををを、誰にも言えない・・・・・・・

155 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 01:30 ID:4ha7h6+I
ご、ごめ、誤爆・・・・・・
154です!変なものをすいません!!
ごめんなさい、読み飛ばしてください!!
今日はもうだめだ、寝ます。読んだ人、忘れて下さい、ごめんなさい!!

156 :ルサンチマン ◆1Bl/BDeZDA :02/11/04 01:33 ID:bJuzK1Wf
>>155

まぁ、こういう時もある。
誤爆王の俺が言うんだから間違いない。

何もかんも今日の天気がわるいんやぁー

157 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 01:52 ID:B5JDC+gq
154もワロタが誤爆王もワロタ

158 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 02:01 ID:16cmDOsA
ここ字書きさんが多いせいかレスがむっちゃ長いね。
何か熱いモンを感じまつ。

159 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 02:25 ID:nZIBAoNo
それは低年齢層向けジャンルでしょ?
私は小説の方が宝物になってる率多し。


160 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 03:12 ID:dd1wB9qz
絵描きの方が中堅以降は売れていいというレスがあったけどそれもジャンルによる気がするなあ。
原作が漫画だったり低年齢層ジャンルや男性向けは確かに
漫画の方が売れるかもしれないがガイシュツの通りオリジナルはそう差がないのでは?
絵描きだけど、字描きの人がいいなあと思うのは、
どこでもできる所、修正が後から結構きく所、長編が書ける所かな。
修正がきくのが特に羨ましい。
一枚につき下書き2時間、ペン入れ+トーン各1時間、+仕上げ時間で
どんなに調子がよくても月産20枚の遅筆なので、締切前に話に破綻を発見した時はガクガクブルブル

161 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 03:33 ID:HvThFhrR
>>147
うーん、やっぱ読み専は最下層か……(´・ω・`)

162 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 08:08 ID:iszkMvcS
小説本は華やかさに欠けるのは認めるかな
絵描きさんの協力もらって、挿絵の2、3枚でもないと
最初から最後まで文字だけ本ってのは極力避けたいと
思ってる字書きです。

163 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 08:49 ID:+GateERo
>161
下層だろうね。やっぱ努力順。
常日頃から同人にかけてる時間が書き手と海鮮じゃ全然違うっしょ。

164 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 09:31 ID:z9XaBh6h
>162
別スレだが、小説本の挿絵はない方がイメージしやすくていいって人もいるです。

165 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 11:24 ID:khGJulcK
逆に雰囲気にあった素敵な挿絵(表紙)だと激萌えです。
依頼した絵描きさんから原稿届いた時は泣いて踊って
「描いてくれてありがとう! 勿体ない出来だよ!」と発狂します。
スレ違いスマソ。

166 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 11:58 ID:T9Gh2wYN
平均的にいって、小説本より漫画本の方が時間が掛かるから
漫画描きのほうが同人ヒエラルキーでは上に位置する

努力順ならそういうことだろうなあ>163

167 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 12:53 ID:exF59Lb4
>>166
掛かった時間=努力じゃないと思うよ。
言いたいことはわかるんだけどね。
努力というより、手間かな?

168 :167:02/11/04 12:54 ID:exF59Lb4
あ、いや、ごめん。時間と努力は
別の話題だったか。スマソ

169 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 15:00 ID:RShpO47E
努力したらそれだけイイものができるなら、それはとてもシアワセだ

170 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 15:15 ID:Xq8cifIE
>169
まあなんらかの形で努力しなければ上達も何も始まらないわけだが。

171 :97:02/11/04 19:36 ID:w7GDRGFQ
>166
薄いSS本はそうでしょうが、文庫本一冊に全く劣らぬボリュームの本を出している
方もいることをお忘れなく。

何ヶ月がかりなことも多いですよん。

172 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 20:29 ID:eiti9N0R
>171
比べるなら【1ページにかかる時間】じゃないのか?
だったら間違いなく漫画のほうが手間かかるな。
お話を考える手間だったら大してかわらんけど。
もちろんページ数による。ボリューム同じくらいとと限定してね。

173 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 21:56 ID:KwVi8EQM
「1ページにかかる時間」は字書きだって手間かける場合もあるぞ。
推敲の連続をする字書きだっている。たった一行にこだわる時もあるし
接続語一つで文章の表情がガラッと変わるんだ……。たかが「が」「は」「な」
のひと文字の使い方がくせ者。何通りもの言いまわし考えて一番しっくり
なるもの選んだりとか。
だらだら書く三行ときちんとまとまった一行は、やっぱり出来が違うんだよ。
その一行に足留めくらって何も書けない日が。

174 :172:02/11/04 22:38 ID:eiti9N0R
や、ごめん。自分も字書きなんで、字書きの苦労が少ないって言ってんじゃないのさ。
単純に1ページを完成させる段階の多さを比べただけで。
たった1行にこだわる・推敲にこだわるってのは、絵描きでいえば
1行のネームにこだわる・画面構成にこだわるとかってのとほぼイコールでしょ。
そういう苦労は絵も字も等しいと思うよ。ただ字には、文そのものができあがった後に
消しゴムかけたりトーンで影を加えたりって言う装飾をする必要が無いじゃん。
その差は大きいよ。……と、最近絵描き友人の原稿を手伝っていてオモタ。

まあそれは人手があれば解決する問題ではあるがな。

175 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/04 23:05 ID:m9oVRGh0
まあ、陳腐だが
「名画から抜け出してきたような美女」だの
「一万の軍勢が一斉に腕を突き上げた」だのが
使えるのは楽ではある。


176 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 02:18 ID:L3+mnczR
>175
背景を描くのにあきたり、トーン貼りにうんざりしたりすると本当にそう思う。
でもページ終わりのコマに鎧を纏った足元に槍をつきたてるコマ入れて、
次のページ見開き一面使って画面奥に向かってずらっと布陣した軍隊をちょっと斜め上からの視点で…
とか考えるのは楽しいし、実際に描き切るとすごい達成感がある。
その見開きで力尽きたりもするけどね(W
でもそういう自己満足が大事なのが同人だよね。
絵が好きなら何時間、何日、1ページに掛かろうと描けばいいし、
字が好きなら市場が多少小さかろうが書けばいい。

177 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 10:34 ID:a6b8Jj5r
絵描きと組んで原作書いてる字書きですが、
「人工衛星のAIが主人公の未来話」を書いて持っていったら、
「こんなん画力のいる話無理」と返されたことがあります。

他にも「ヘリコプターなんか出すな」「舞台が砂漠とか簡単に言うな」
などいろいろ言われてます(w
資料探しとその場面の作画だけで、大変なことになるらしいです。

178 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 12:06 ID:ZAYvRaU6
まぁ、「どこまでならできるか」と考えてやるのも思いやりだろうよ…

179 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 14:20 ID:V+A9aQtQ
絵描きも自分語り好きじゃんか
こんだけ長文でも語れるスレ立てた1にすこしは感謝しようぜ

180 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 14:30 ID:7YZMB6In
小説書きが損だと思うなら一度漫画を描いてみればいいし
漫画が損だと思うなら一度小説を書いてみればいい。
そうすれば相手の苦労もちょっとはわかるだろ。

181 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 15:44 ID:ZAYvRaU6
  ☆。:.+:  /■\ 
   .. :.   ( ´∀`)  隣の芝は
     / ̄ヽ/,― 、\ o。。。   やっぱり青いの
.:☆   | ||三∪●)三mΕ∃.    
.:*    \_.へ--イ\  ゚ ゚ ゚  
+:..♪.:。゚*.:..  (_)(_)     ☆。:.+:
 ☆。:.+::..   ☆:.°+     .. :
   。*.:☆゚x*+゚。::.☆ο::.+。 *ρ

「なんでだろ〜♪」  「なんでだろ〜♪」
   /■\   /■\   /■\
  ( ´∀`)  ( ´∀`)  ( ´∀`)
 ⊂    つ⊂    つ⊂    つ
  .人  Y   人  Y   人  Y
  し'(_)   し'(_)   し'(_)


182 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 18:22 ID:l39RUAkd
エロ同人読む時は小説のが妄想できて良い。
というか小説のほうがエロいの多い。

単発ギャグは小説より漫画のほうが描きやすいだろうね。

183 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 19:23 ID:ADBFj2BZ
解るな(w
小説のほうが何かエロく感じるよなー。


しかしまあ、>>1の気持ちも解らなくはないがなあ。
同人の客で「小説は絶対読まない・読めない」というのは大勢いるが
「漫画本は買わない」なんてのはまず居ないから。

184 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 19:41 ID:qLOezZSN
漫画も小説も好きで両方よく買うけど
A4・特殊紙フルカラー(5色)本文色紙で、表紙には普通にキャラ絵が描いてある本が
小説本だったと買った後で気付いた時は正直ショックではあった。(ビニル梱包で中身確認できない)
↑な感じだから流石に「この絵柄で描かれた漫画本なんだ」と思い込んでたから・・・
自分は絵も字も描くけど、小説本の場合はそれらしく?表紙も漫画本の表紙のキャラ絵みたいなのでなく
シンプルでデザインを凝った、という感じにしてるんだが・・・

185 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 22:03 ID:Y+jShvTu
きっと、売れないからやったんだろうなあ。せつねえなぁ……>ビニル梱包

186 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/05 22:40 ID:w3OnBgiu
持ち運びで汚れないようにって配慮かもよ。あんまりうがった見方もアレだーな。
しかし小説はやっぱりひとこと小説と書いておくのが親切だよね。
自分も字書き。本には必ず小説本と一言入れる。表紙を上手な絵描きに描いてもらってるんで
彼女のファソが彼女のまんがだとカンチガイして買ってしまったら申し訳ないからね。

ま、このあたりは気遣いの範疇ってことで。

187 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 01:01 ID:w5irjqPd
つーか絵描きは漫画でなくても売れる(w
いや、むっちゃ楽ですわ、ほんと。

188 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 01:13 ID:BcvH+pKq
>187
それは男性向けとかグッズ厨(ラミカ、便箋、バッジetc)の話だろうよ。
少なくとも女性向けじゃラフイラスト本なんてまず売れない。

189 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 01:20 ID:w5irjqPd
>>189
しかし女性向けより男性向けの方がパイが大きい罠。

190 :ルサンチマン ◆1Bl/BDeZDA :02/11/06 01:27 ID:Vk30rWxo
パイの大きな女性より、小さめの方が好きだな俺は。

191 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 01:35 ID:w5irjqPd
>>190
ぺた属性ですか、るさんちさんは(w

192 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 01:41 ID:BcvH+pKq
>189
同人はパイの大きさじゃないよ。
描きたい萌えを書くのが同人。
例えばホモ萌え漫画を描きたいのに無理して男性向けを描いたって楽しくないだろ。
自分は男性向けも女性向けもやってて両方漫画描いてるけどね。
男性向けでエロなし長め漫画をリピートして買っていってくれる人がいると
よーしパパ頑張っちゃうぞーとなる。
描きたい話がイラストじゃ無理で漫画でしか表現できないから漫画描いてるんだよ。

193 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/06 01:41 ID:uBZRKSgf
ああ、大きさとか長さとか(w)を読者が好きな適度でイメージをもてる、という
利点もあるわな。
まあ浮かぶイメージは、漫画から来るというのもあるので、字書きは漫画の影響を
意識して表現するのも面白いかもね。

好みとしては、1ページ挿絵が何枚もあるよりは、
章のタイトルごとにイラストが入っている形式が好き。

194 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 00:52 ID:kKrB+UAj
オリジナルは、ときどき、どうしようもなく孤独……

195 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 02:30 ID:BOHwNGdK
自分は漫画読むより小説読むのが好きな絵描きですが。
己ジャンルの小説描きが浅ましくて嫌い。
うまい絵描きをGETし、ユニット(?)組もうと
媚び諂い、自分を売込もう、取入ろうと躍起になってる様が。
こーゆー一部の字書きは見下してもいいと思います。
好みの小説だったら絵なんて無くても買う。むしろ無いほうがいい。
小説書ける人、尊敬してます。がんばって!!

196 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 10:03 ID:RRZuV2x1
自分で挿絵も描いてる小説書きはどうっすか・・・?
あ、いや、俺のことなんですけどね。
単にキャライメージを分かりやすく伝えるために人物紹介に挿絵をちょろっと、それと表紙を華やかにするために入れてるんですが。
やっぱ小説に全精力を傾けるべきっすか?
労力を分散させるのは得策じゃないですかねえ?

197 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 11:09 ID:n9Mpu41T
>196
好きなようにやればいいと思うよ。同人なんだし。
絵も合わせて196の「作品」なんだろうし。

198 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 12:56 ID:85Mkq5Ay
>>197がいいこと言った!

199 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 14:52 ID:p3IKAFMs
漏れの知ってるサークルはほとんど絵も自前だよ。
漏れもなw

最近は絵のレベル上げに注力してて、文章書く時間が減ってきてる。
実際、ヘタレはヘタレなりに自分のが力が上がってきてるのがよくわかって、楽しい。
知り合いにはそろそろマンガ描いてみたらと言われるのだけれど、でも話は
マンガじゃなくて文章なんだよな


200 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 15:17 ID:Q0oFXxgu
絵のほうが楽な部分もあるし文のほうが大変なときもある。
結局それに落ち着くんじゃないの?
私は文も絵も両方やってるけど文章のほうが頭を使うな。
描写ひとつにしても、どちらかというと誤魔化しが
利かないのって文章のほうではないかと。
どれだけきっちりと描くかってことにもよるけど。

絵のほうが気軽に見てもらえるかなーとは思う。
ちょっとした小ネタなんかでも、
文章だと大仰になっちゃったりするし。

あ、オフ(パロ)の売れ行きだけで損得を言うなら
漫画のほうが売れますよー。それは確実。
でもそれが総てじゃないからね。

201 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 18:26 ID:SJyhaeK2
当方絵描きなんだけど…正直長編とかやりたいと思った時に字書きが無性に羨ましくなる事あるよ。
一場面辺りにおける情報密度の自由度だとか、作業時間に応じた物語量の大小、作業後の修正の可否だとかで言うと、
やっぱり圧倒的に漫画よりも文章の方が有利だと思うからね。
あ、もちろん絵の方に有利さが無いとかいってる訳では決してないんだけど。
ただ文章の方が長編に向いてるのは確かなんだろうと。

202 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 20:57 ID:LZLWDsjb
一ページ上げるのにものすごく時間のかかる絵描きさんは大変だよね。
凄い緻密〜な画面を好む友人がいるんだが、彼女を見てると
おいおい、少しは自分にラクをさせてやれよと肩を叩いてやりたくなる。
いっくらなんでも、同人原稿だってのに紙の全面を書き込まなくてもイイだろうと。

叩いたところで当人が納得しないだろうからやんないんだがね。

203 :202:02/11/07 21:00 ID:LZLWDsjb
これだけだとスレ違いか。
自分は字書きで、文章考えるの好きだから、損をしているとは思わない。
だけど新ジャンルにころっとスっころんだときとかに、そのときしか通じない
単発ギャグとかを表現するのが難しいってのがちょっと辛いかな。
絵で一コマギャグにしたほうが断然面白いネタなのに、絵では表現できんからのう。
そういうときに絵を描けたらいいなあと思う。裏山スィ。

204 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/07 21:15 ID:RuV9FnJJ
>202
>いっくらなんでも、同人原稿だってのに紙の全面を書き込まなくてもイイだろうと。
それは違うんでないか。
自己満足に重きをおいた同人だからこそ、全面に書くのさ。
商業と違い締め切りのない同人だからこそ、全力投球で満足するまで
やりたいようにやることができるんじゃないかな。
自分は絵描きだけどその絵描きさんをカコイイと思う。

205 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 00:34 ID:B4E0CPmp
読み手の話をしてみよう。

なんか、小説本の読み手って、自分でも書いている人が多い気がする。
逆に漫画だと、完全に海鮮な人がいっぱいいると思う。
その辺がなんか、微妙に息苦しいというか…。
どうも品定めされている妄想にとりつかれたりする初冬。

206 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 01:10 ID:8HcZrNMu
それだけに幸運にも感想をもらえると、自分で曖昧にしてたテクを指摘されて嬉しいぞ(腹が
たつこともあるけど、それはまあ、つきつめると自分の力量への怒りだったりする)
漫画の感想って、絵の技術よりストーリーに終始しがちか?
「トーンの削り方が荒い、もっとカッターの刃を寝かせたほうがいいです」とか
きたりするものなんだろうかねえ?




207 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 01:12 ID:9MDQDvv5
書き手として好みを追求してるから、反対に読むときは完全読み手になりたいね。
だから自分が普段書いてるキャラでないキャラの本が読みやすい。

でも確かに買う本は第一に小説本だわ。
漫画はネタが面白いとか絵柄が好みにストライクだとか
「おおっ」と思うものがなければ買わない。
ジャンルにはまった当初は絨毯爆撃もしたが、熱が冷めると
読み返さないことが目に見えてるんで、だんだん買わなくなってきた。
要するに読み応えを求めてるらしい

こんな書き手兼の読者はけっこういると思うので
小説書きはこういう読者をリピーターにゲトするといいかもだ(w

208 :名無しさん@どーでもいいことだが:02/11/08 01:19 ID:kcjNg2eb
買い専の小説読みさんって意外と多いYO!
少なくとも自分の回りには3人いる。
小説の方が一冊に於ける情報量としては
コストパフォーマンスがいいのだそうな。


209 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 03:54 ID:WPANY+8w
小説はワープロさえあれば、とりあえず「文章」になるのさ。(上手い下手は勿論あるけど。
漫画は、紙とペンがあっても、誰でもが描けるわけじゃない。ちょっと技が要る。

どちらも表現したい全てを表したり、色々な意味で極めたりするのには労力がいるけど、
↑↑↑とニーズのせいで、漫画描き>小説描き みたいな図式がなりたっているのかと。

210 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 09:18 ID:JSy0GfDn
>>205
絵描きの方はもっと単純に第一印象とかでがすがす言われたりするから、
どっちもどっちかもね…(w
そういや…読み手の中の描き手、書き手率は実はどちらも変わらないんじゃないか、とも思ったりする。
ただ前者の方が全体のパイがでかいから、海鮮が多く感じられるんじゃないだろうか?

211 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 10:21 ID:w3KysZuk
>205
品定めかぁ。確かに。
オンで書いてるけど、書き始める前は楽しんで同カプ話が読めたが、
今じゃ『キャラ違う。ポエム調やめれ』等の批判が頭をよぎる。
こんな自分も嫌なんだけど、もうどうにもならない。

212 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 10:58 ID:beVuEfc2
同人界では世間一般と認識が逆なんだよね。
世間的には 小説>>>>>>>>漫画。
ライトノベルは別として。

図書館に漫画が少しずつ入ってきてるっていうのが
ニュースになるぐらいだもんなあ。
同人でぐらい漫画のほうが偉いと思わせてくれよ。
絵描きのひがみでした。

213 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 12:15 ID:Rz8SBHIL
>209
漫画だってマルだ点だ描いてりゃ絵になるだろ。

何だか
・ただの文章を書く
・面白い漫画を描く
が同列に論じられてるから下らない言い争いが出てくる事があるんだと思う。

・ただ文字が並んだだけの言葉を書き殴る
・ただ線だけを書き殴る
のはどっちも簡単だしどっちも読み手からは見放される。

「面白い」の一言で括るのも乱暴なのは承知で、
・面白い文章を書く
・面白い漫画を描く
このどっちが難しいか・楽かは比べられるもんじゃないし、
面白ければそのジャンルなりの形で読み手はつくと思う。

ただ単に、パロで一見さんが漫画・小説のどっちを買う確率が大きいかと言えば、
それは漫画だと思うが。
つー訳で>1が自分の本が文章だから売れない、損だと思うなら、
文章書く時間を一切捨てて絵の修行にあてて、
血反吐吐くまで漫画を描いて大手になってから、
「ほら小説はやっぱり損だ」と言うべし。

214 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 12:16 ID:iigKFKE/
俺はWeb公開専門なんだけど、紙媒体に刷るのも考えてるんだよね。
同人買う人とWeb巡りする人じゃやっぱり客層は違ってくるかな?
もっといろいろな人に読んでもらって批判してもらいたいから市場を開拓したいんだが…


215 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 16:31 ID:/kxUFVqS
>214
同人買う人でネット環境にある人はかなりの確率でWebも巡ってると思うが
Web巡りする人で同人誌も買う人は一部と思われ。
でもWeb環境にない同人さんもまだまだ多いので開拓にはなると思うよ。
でも、Webから紙媒体に来る人は先ず市場リサーチして欲しい。
この前Webの人が初めて出した本貰ったけど、本当にWebのをそのまま
原稿用紙に貼り付けたみたいな感じで、レイアウトもへったくれもなくて
驚いたよ……読みづらい。

216 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 19:23 ID:QQ+H90zX
>215
激しく同意。

>214
webと違って本全体で一つの作品になるわけだから
デザインとか読みやすさとかもちゃんと考慮しないとね。
私は手元に残しておきたいと思う小説の大半は
表紙から気を抜かずに作られてるのが多いよ。
イラスト表紙が駄目だとかいってるわけじゃないから。念のため。
あと金が絡む分、買い手はシビアだよ。
そこそこ売れたときはちょっとは気に入ってくれたのかな?と思う。


217 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/08 22:35 ID:Ev6nJl+Y
>214
わたしはオフメインでオンラインも巡る者だけど、作品が
面白ければ本買いますよ。webの再録だって買う。
ただデザインはちょっと気になるかも。
オンから来た人はヤヴァイレイアウトとか平気なヒトが多い気が…のど飲んでたり。
お金出すものだから、ぱっと見変なのは手にも取らないけど。

>1
絵が得と思うなら絵を描こう!当方絵描き。絵を描けば絵の苦労もわかる。
私は字が書けないので字書きさんの苦労はわからないけど、面白さはわかるよ。
小説本もかなり買う。それぞれ良いところ悪いところがあるから損得なんてないよ。

絵も字も半々くらいやる友人は総作業時間なら絶対絵のほうが大変といってたよ。

218 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/09 00:30 ID:49ZLJwuy
あ、オンで見つつWeb再録でも買う人いるんだ。ちょっと驚き。
再録は、「オフラインのみの人用」と思って出してたので…。

私は絵と字両方やるけれども、
絵の場合だと、瑣末作業が結構あるんだよね。
枠線をペンでひく(割っている時点では面白い)、けしごむをかける、ベタむらをつぶす…。
「Σ(゚д゚)ヤッチマッター!」率は確かに高いかも。
しかし、字のほうは精神的なヤッチマッタ率が高いよね(w

219 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/09 16:48 ID:6E5blzhL
1の書きこみを読んでふと疑問に思ったのだが、この人の言ってる「小説の方が損」
ってどういうことなんだろう?

漫画みたいに一杯本が売れればいいのか、それとも単に沢山の人に読んでもらえれば
いいのか。
文面から察すると「作業行程が云々〜」って感じじゃないよね?
同人活動になにを求めるかってとこで「小説の方が損なのか、得なのか」って変わ
ってくる部分があるような気がする。

ちょっとスレ違いな話題ですが、皆さんは「なにを求めて」(または重きを置いて)
同人活動してますか?








220 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/09 17:05 ID:k/sQYp7x
>219
>「なにを求めて」
自分の中にたまったものの発散。
パロものだけど原作と原作キャラが好きで、
どうしても描きたくてしょうがない話があるから本を出してる。
多くの人に読んで貰えたら嬉しいけど、自己満足なので部数はあまり気にならない。
利益も当然どうでもいいので(赤字にならない程度なら)
必要経費を出す為にオフセでも原価+100位の価格しかつけてない。
黒字が出過ぎたら無料配布とかで還元してる。

221 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/09 18:34 ID:ZUpV6u2k
私217ですが、たぶん1は、小説はぱっと見地味で
手にとってもらえない→売れない
って論法じゃないかと…。
手に取るまで行かないから、正当な評価をされないって事かな?
わたしはそう解釈したけど。

>「何を求めて」
好きだって言われたら嬉しいし、共感してもらえたら本望だけど
自己満だから好きなようにやってる。
だから自分の気持ちに一番重きをおいております。
伝えたいものを本で消化っていう感じ。描ければ満足なのだ。
絵でも字でも、吐き出せるならかまわないよ。

買い手側だと「萌えを求めて」ですが。

222 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/09 21:55 ID:LZvH9v0P
何を求めてかー。難しいよね。
私は「よりたくさんの人に面白いと言ってもらいたい」かな。
結構おこがましい願望だとは思うんだけど、本音です。
そしてまだまだ精進しはじめたばかりって感じです。

223 :97:02/11/10 04:13 ID:m+e973sb
オリジナルの場合……というか、商業の話ですが、一般的に小説は人気の持続期間も長いです。
シリーズものなんて五年がかりとかぞろぞろあるし。

ピークが強烈なのと、じわじわ息が長いのとの違いもあります。ゲームはもっと極端ですね。

即売会というその場所勝負ならば不利は不利でしょう。しかし、即売会とて何回もあるのです。
長い目で見れば……ですかね。

224 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/10 10:50 ID:17hf2Fxr
ここいいなあ。良スレsage。皆さんどなたも真摯で。
大変興味深い意見交換の場であると思います。

225 :通りすがり:02/11/10 20:41 ID:xI707Vfb
小説大好きです。

226 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/10 22:36 ID:Uep6+Cp1
>>223
禿同。オリジナル、商業誌は特にね。

即売会も、初めて小説で出る人にとっては物凄くつらい場所だと思うんだ。
特にパロからオリジに来た初回は売上=相手にされなさにガクゼンとするよ。
でもそこで諦めずに本を出し続けるとまた違ってくる。
じりっじりっと手に取ってくれる人や買ってくれる人が増えていく実感あるし、
続きものやってるなら最新刊だけ買ってくれる人がこれまたじりじりと増えていく。
小説やるならじっくりと、腰据えて、頑張った方がイイように思います。

227 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/15 13:46 ID:cJKJOu+s
ま、あげとこっか

228 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/15 16:36 ID:1o3o92uV
どいつもこいつも生真面目だな。
もっと気楽にいこうぜ。

229 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 00:51 ID:hQXP4ZwN
絵を描けない自分が悔しいやら情けないやら。
いくら頑張って字を書いても、
やっぱりアレだけは作れないんだもの。
アレ。…同人ゲーム。
こればっかりは。こればっかりはッ!!

230 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 00:56 ID:el/sMfL0
>229
名作「オトギリソウ」みたいな同人ゲームは229さん的にはあかんの?

231 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 02:05 ID:scO/wfT0
ゲーム私も作りたいー
でも絵がないとな…ってゲームだからなー
まあRPGツクールでもすっかね。ふう。
恋愛ゲームツクールはギャルゲーなんだよなー…
キャラのパーツ増えたら楽しそう。

232 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 08:43 ID:TZglFQ7G
つまりアレだ。

・同程度の規模のサークルで
・金銭的な事のみに絞って言うならば

小説より漫画の方が得って言いたいわけだな。>1よ。

233 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 11:18 ID:FLn9XlZy
まあね。奥歯にものの挟まったような言い方しないほうがイイかもよ。
「私はマンセーされたいです。お金がイパーイ欲しいです」って。

234 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 12:25 ID:BLQQ/OK5
まあお金はともかくマンセーは皆されたいんでないの?
誰かに読んで欲しいから本にするんでしょ。
ただ形にしたいだけなら売ったりしないでいいんだし。
お金だって「自分の作品にコレだけの金銭価値が!!」っていう
世間の評価の現れな訳だし。

漏れは絵描きで友人の字書きの表紙とかよく手伝うんだけど
友人曰く「小説本はぱっと見で判断されにくいから
表紙は大事」っていうんでいつも少しでもたくさんの人が
手にとってくれるように一生懸命描いてる。
あと表紙に「○○×●●」ってカップリングを
はっきり表記するんだそうだ。

字書きと絵描きどっちが楽かといえば一長一短だと思う。
字書きじゃないので詳しくわからんが
100人の人間を表現するのに字なら
「100人います」って一言書けばいいが
絵だと100人の人間の絵を描かなきゃならん。
工程はマンガの方が死ぬほど多いと思う。

235 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 13:47 ID:nTe0Ryt7
工程と売り上げが正比例するって事なら損も何もないと思うなあ。

236 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 14:06 ID:PWO+99jY
>>235
もちろん正比例する訳じゃあないよ。一応。

237 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 16:10 ID:FLn9XlZy
お父さんとお母さんの関係みたいなもんか?

238 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 22:17 ID:AywOi4yX
字書きだけど、2〜3時間くらいで書く短い話(原稿用紙20枚ぐらい)も、
自分にすんばらしい画力と構成力さえあれば
20ページ前後の薄い漫画本一冊にできるのかも知れないなと思うと
ちょっと絵描きさんは羨ましいと思うかな。
その程度の短い話は、文章だけじゃ単独の本にはできないからウェブに上げるしかない。

まあでもそれはメディアの違いなんでしかたないなあと割り切ってます。

239 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 22:37 ID:moMWgH+J
>238
その代わり漫画だと描くのに一ヶ月くらいかかるけどね。<20ページ+表紙

240 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 22:43 ID:BkEq1IJl
絵描きだけど自分にも
『すんばらしい画力と構成力』があればと思うよ。
でも頑張っても頑張っても、なかなかどうして上手く行かない。
結局20ページの下書き終えるまでに50時間以上かかったりする。
さらにそこから完成までに40時間とか平気でかかる。

…それでも羨ましいのかな?
右手の中指なんてボッコボコだよ!

241 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/18 23:18 ID:QqRg1Zyn
>>240
作業速度速いね…ウラヤマスィ…自分はそれの1.5倍くらいかかる…

242 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 00:07 ID:pE3uJY6H
小説……最初から最後まで頭脳労働。
漫画……頭脳労働→肉体労働

どっちがどうっていうヤシの気が知れん。
漫画は時間がかかるから大変、小説はさっと書けるから簡単という作家は、
言葉の一つ、単語の一つにぎりぎりまでこだわるということを、したことがな
いのか?
そんなに簡単に書けたことないぞ自分は。



243 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 00:15 ID:ZuAH3U2K
自分の萌を形にする為に同人(字書き)やってるから
一発ネタ的な萌えがあるときは絵描きが心底羨ましい。
機関銃ぶっ放す攻め。とかVWのワゴンのステップに足かけてる受け。とか。
この萌えを形にしてぇが字で書くのは無理ぽ…
しかし一発ネタが長編に進化すると字書きでよかったーと思う。
からどっちもどっちだな。うん。

244 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 00:19 ID:mdMdBDkU
>241
私もそれくらいかかる。その前にコンテ切ったりするのがかなりかかるから、
年間で5〜60ページのお話2本が限界になってきた。

文章書きがうらやましいと思うのは、ある一定の期間、たとえば一週間くらいの間
高いテンションを保てればそこそこの長さで、しっかり内容のある作品が出来ること。
漫画は一本描き上げる間に(2〜3ヶ月)どん底にまで気力が落ちて進まなくなることもある。
好きな時に原稿用のテンションを高める方法を会得したいなあ。

245 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 00:27 ID:nSqei0Wc
>244
自分が字書きがいいなあと思うのは
例えば電車の中で文章なり絵なりでいい表現や描写が浮かんだとする。
文字はそれをパソコンに打ちこめば正確に変換してくれるけど
絵は思い浮かんだ描写が正確に描き表せなかったりする部分。
脳の中にある絵に画力が追い付かない …(ノД`)シュギョウシマツ

>241
自分もそれくらいかかるよ。
下書きだけで本が出せたらどれだけ楽かと思ってしまう。

246 :240:02/11/19 00:42 ID:qh42GOra
>241
もちろん集中力が維持出来て体調も万全の状態を想定した時間です。
自分の絵柄が嫌になって鬱になったりする時間等は考慮してないです(w

>242
どっちが大変なんていうつもりは毛頭無いよ、
ただ、>>238が羨ましがってるのは
「20ページ程度の漫画ならサクサク描けるぜ!」っていう
神クラスの人を想定して言ってるんだろうと思って。
たいていの絵描きって、そんな華やかで楽なもんじゃ無いよ〜と
言いたかっただけ。
あと、ペン入れから仕上げ作業も頭脳は使うよ。

247 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 10:26 ID:Kkr2gQR0
ペン入れが一番たのしい

248 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 11:05 ID:Kkr2gQR0
おっと、途中で送信されてもうた。

私は絵と字と両方やるけど、「楽しいところ」について語りたかった。
(まあ、両方とも大した量はかけないヘタレだけど)
まず両方とも、大まかにお話や、キモとなる表現をメモっておいて、脳内で骨を作っておくよね。
下書きなりあらすじチャートなりを作る。

その後に、
字の方は、あっちこっち読み返して、
ネチネチコチョコチョ全体を見ながら作れる、粘土細工みたいなところがある。
絵はというと、ペン入れ、ベタトーンと、作業が段階的で、「つまようじの五重塔」みたい。
どっちも楽しいので、どっちもヘタレだけど、どっちもやめられないよ。

しかし、字の方がヘタ度が解りにくく、話の密度を上げやすいというのはあるかも。
サイトや発行物で、あきらかに絵より字の方が感想をもらえる。
いや、まあ、私の絵が下手過ぎるからかも知れないけど(w

249 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 11:19 ID:S/EO94I6
>言葉の一つ、単語の一つにぎりぎりまでこだわるということを、したことがな
いのか?

描線の一本一本にギリギリまでこだわることも相当たいへんなものでつよ…。
まぁどっちもこだわりの沼は底なしに深いだろうが、
絵のほうは深い上に広いんだよね。
作風によってこだわりどころがかなり違うんだよ。
モノローグの一語一語に字書きレベルでこだわってるやつもいれば
描き込んで描き込んで描き込んで画面を埋めることにこだわるやつもいる。
トーンを張り込むことに命かけてるやつもいる。
ポイントが多い分よけいに一概には言えないんだ。
すべてにこだわりぬくことが物理的・時間的に不可能である以上選択するしかなくなってる。
そういった作業の幅の広さも絵がたいへんだという理由のひとつ。

選ばなかった箇所の分自分の手抜きを絵描きは自覚してる分
あまり大きな声では言わない傾向があるが
(まぁ、手抜きもこの際技術のひとつという見方をすべきだけどね)
字書きって楽でいいよなぁ、と内心思ってる絵描きはかなり多いだろね。
こだわってるからこっちだってたいへんだよ、と字書きにいわれても
こだわれるほど余裕のある作業工程が心底羨ましい…
というのが絵描きとしての自分の現状。
でも結果としてこだわりを極められてないから
やっぱりがんばれなかった自分の負けなんだけどね。
字書いてた頃はもうちょっと作品の完成度は高かったよ……

絵描きが肉体と頭脳を最後まで両方使うというのには烈しくドウーイだ。
最後のほうは正気脳じゃないところが稼動してるッポイけど(w

250 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 11:45 ID:Kkr2gQR0
なんだかんだ「損だ」とか「大変だ」とか言って
やめたり鞍替えしたりする気は毛頭ないんだよね。因果なもんだ(w

251 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 13:20 ID:6Pxvm6yy
損とか大変とかに振り回されるのも結構楽しいもんですから(w
自分は絵も描く字書きだけど、辛い状況が楽しいと思えるのは小説を書いてる時だな。
友人は逆だけど、「あの”何でこんなに大変なんだろう”状態が結構好き」
という意見で友情を更に深めました。

それに、絵にしろ字にしろ、自分の思ったものに、より近い表現ができた時の喜びは
何度経験しても気持ちいい。

252 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 18:35 ID:FcrQjyyJ
そういえば漫画描き、小説描きでそれぞれやってて一番楽しい作業ってどこ?
自分は漫画描きで下描きしてる間が一番楽しい。
ラフだった線を確定させていくと『お、俺結構いいもの描けてるじゃないか』
みたいなある種ナルシーな快感があるんだけど。
小説でもどういう時が楽しいかってのは個人個人あるんだろうなぁ…。

253 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 19:02 ID:8dWOASKi
私は字書きだけど、頭の中で浮かんだ映像をプロットとして組み立てる時が
一番好き。
矢印とか使って、誰がこうして、それでああなって、あとこの台詞を言わせる!
とか考えている時間が一番楽しい。
寝てるときに浮かぶことが多いから、飛び起きて走り書きとかしちゃうよ。
それを文章としてきちんと成り立つ言葉で貼り直すのはとても大変なんだが
最初に浮かんだ映像どおりに文章で書き起こすことができた時は嬉しいよ。

254 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 19:14 ID:KKXQUtnX
小説書いてて楽しいトコ>あくまで私の場合、
ラスト1行に向かって加速度的にテンション上がっていくところかな?
ピリオド打った瞬間はやったー! って感じ。
漫画描きの相方と同じ部屋でハラシマってる時に、
キーボード打つ音がガタガタ大きくなってくるとああラスト間際だなって思うって笑われたことがありまする。

あ、ウチの相方も下書き好きって言ってました。
ネームの時点であやふやだった『絵』としてのイメージを
びしばしキメてくのが楽しいって……
でも線が一番生き生きしてるのは実はネームだとも言ってた。
生っぽさが作業の過程でちょっと薄まるかな、ってね。

255 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 19:30 ID:nSqei0Wc
>でも線が一番生き生きしてるのは実はネームだとも言ってた。
>生っぽさが作業の過程でちょっと薄まるかな、ってね。
絵描きだけど禿同。
ネームを作った時点で勢いや思いを発散してしまうので、ネーム描いただけで満足してしまうことも。
下書きが楽しいのも同意。
同じ線をなぞる作業のペン入れはやってる最中はうんざり。
全部ペン入れ終わると画面がスッキリ綺麗になって満足感を覚えるんだけどね。
自動ペン入れ機が( ゚д゚)ホスィ…
手は痛くなるけど消しゴムをかけてる時はもしかしたら一番幸せかも知れない。<達成感をすごく感じる
べたは好きだがツやベタと背景入れは大変だし、
トーンは画面が華やかになるけど不器用なのでいらいらする事が多いな。

256 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 19:56 ID:Kkr2gQR0
絵描きが悲しいときー。
トーンと一緒に原稿用紙を切ったときー。
ついでに手も切ったときー。

257 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/19 21:25 ID:N1iuKbSq
小説書いてて楽しいとこ、自分が思ったとおりに話が進むこと。
そういうところでは絵よりも想像したとおりにできやすいからいいかな。
でも夢中になってたら、手がすげぇ痛くなる。頭脳労働だけじゃないよ、絵も小説も…

258 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 00:34 ID:AZ2Of9gQ
字書きですけど、好きなのはよし、自分天才!!
と思えるほど思い通りにガンガン進めるとき。
なんか手に乗り移ってるみたいに進むからこの時はもう快感。
エンドマーク入れて入稿した後、自分はすごいことを達成した気分になれて幸せ。
まんが描きさんも多分そうですよね? やるだけやって入稿したあとの気分。

もちろん、本になった後で転げ回るはめにもなるんですけどね……。
台詞がくさかったとか、色々と……。
なんかね、あの時の自分を天才と思ってた瞬間の自分の首根っこ掴んで小一時間説教したいとか。
でもやっぱり楽しい時は楽しいです。

259 :229:02/11/20 01:51 ID:VZutRe+Q
遅レススマソ。
>230
女性向同人ゲームでオトギリソウは…多分…自分で萎えちゃうのではないかと(藁
オリジナルなら試してみる価値はありそうだが。
そうか。これも挑戦か。字書きとしての。



260 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 10:08 ID:gDb9vX8O
>でも夢中になってたら、手がすげぇ痛くなる。
>頭脳労働だけじゃないよ、絵も小説も…

はげどお……っ!
ノっちゃって休日1日籠って200枚(20×20で)近くぶっ飛ばしたら
次の日腕が筋肉痛になっちまったよ〜!
しかも指先が心持ち平らになって固くなってる。
ノってる時の小説はトランスに近い快感があるよ。
今年の夏は宅配便入稿の帰りに漫画描きの相方とビールで乾杯したんだけど、
二人とも利き腕でジョッキが持ち上がらないくらい手がボロボロに(笑




261 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 10:54 ID:b7b1pOAD
腕が痛いってもしかして皆手書きですか?
ボクはキーボード入力なんでそんなに疲れませんが…
手書きだと面倒なんですよね清書とか修正とか。

262 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 11:44 ID:92rRRwh4
何万字も打ってると手も痛くなるよ。
特にラストスパートだって力むと変に力が入っちゃったり。

263 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 11:54 ID:snwT/G5A
ロキノンで「二万字インタビュー」っていうのがあって、
「二万字もやるんだ!すげーなあ」と思っていたけど、
結構できるもんだと、同人をはじめてからオモタよ(w

264 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 13:02 ID:rI2RJbdb
キーボード打ちすぎでも腱鞘炎にはなる。

265 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 13:30 ID:/+ILTFND
>264
なるよね。漏れは本職PCオペレーターだった頃に腱鞘炎患って
原稿どころじゃなくなり辞めざるをえなかった。
以来軽度にはなったもののいまだ完治せず。
キーボードは打てるが絵描くのは無理ダターヨ
腕が震えちゃペン入れできねーもん…

266 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 15:41 ID:snwT/G5A
まあ、腱鞘炎をおこしつつ書いた作品より、
鼻くそほじりながら書いた作品の方が面白いことも、ままあるね。

悲しい話やが…。

267 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 17:04 ID:jeWsS3PN
どの世界にも、天賦の才はあるのです。
足で描いても(書いても)、読ませる人は読ませる。
どんなに土壌があっても、日当たりが良くても、一生懸命肥料や水をやっても、
種がないところには花は咲かないと言われたとき、すげーショックだった。

 



268 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 17:50 ID:PAB13CTU
>267
どんな所にも種はあるよ。
薔薇かたんぽぽかっていう違いはあるだろうけどね。
でも大したことのない花でも耕して肥料やってと手塩にかければ
放置された薔薇より綺麗に咲くかも知れないし、何より長く咲くだろう。
育て続ければ品種改良や突然変異で綺麗な花が咲くかも知れない。
好きなら諦めずに続けなさいってこった。

それと華美な花より小さい清楚な花が好きって人もいるだろうしね。

269 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 18:00 ID:snwT/G5A
じゃあ、もしかしたら俺、小説書きよりも、
フィギュア造形なんかが異様に上手だったりして…。
作曲畑にタネがあったりして…。

そう思うと、何でも好きで一生懸命やりゃ、そこそこの形になる気がするよ。
才能って、「続けられる」「自分の力を信じられる」って側面もあるしな。


270 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 18:20 ID:j8IjTV5d
藻前ら、同じジャンルの物語があるとして、それを表現するに
ヘタレ絵描きの描いた線書き殴りベタはみ出トーンレス下描きナシ一発ペン描きの漫画と、
実力派プロ小説家の書いた10巻完結ハードカバーミリオンセラー小説と、
どっちが書くのが大変でどっちが損だと思いますか。

書いてて我ながらつっこみ所満載。

271 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/20 23:31 ID:Ygd49CKf
傍から見てそれが苦労でも、本人にとっては苦労ではなくいい本を描く人もいるよ。
苦労した、こんなに大変なんだ。だから評価してほしいって思うことは人情だけど、
それは読み手には関係ない。
それに面白い小説を書いても小説自体が嫌いな人は読まないだろう。
面白いまんがを描いても、まんがを馬鹿にしている人には所詮まんがだろう。
好きでやってることでも切ないことはあるけど、やっぱり描くのが好きって気持ちが大事かな。
っていうか、それに勝てないからなー……。<好きって気持ち。
いやなことがあれば誰でもぼやきたくはなりますよね。

272 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 02:14 ID:adm8lk8i
「小説は読まない」という人が相当数いるのは事実だけど。
この場合損しているのは字書きじゃなくて、読まない人たち。
字書きはなんにも損してない。

273 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 02:36 ID:N71WcsrW
272がいい事言った!

274 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 02:47 ID:IPdhfmbF
キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !! !>272


275 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 05:30 ID:IStAZ1wA
あくまでもwebサイトを見ての感想だけど。
SSを置いてるサイトの方が掲示板で感想もらってる率は高いと思う。
イラストはぱっと見て欲求消化できてしまって、
でもそこから何か感想を言えと言われたら単純に「上手いですね」くらいしか感想が持てない
イラストって多いと思うんだ。
でも文字で物語を書いてるとイラストと違って感じとってもらえるモノは多くて
感想もキチンともらえたりするんだと思う。


276 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 05:45 ID:xHtNhdbw
>275
感想より売れたいって字書きが損だと思うのかもしれないね。

277 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 07:22 ID:zcQGCnMx
1>>が感想より売れたいと思っていたとしても、小説が漫画より売れにくいという論理はどうでしょうか。
うちは男性向けエロをやっていますけれど、男性向けの中では中堅まではいかないかもしれないけれど、利益は出てると思います。
まあ利益出すつもりで値段設定しなくなったので全然儲かってないけどw
以下はよろず男性向けって言うジャンルをターゲットに話していると思ってください。

絵は小説より手を出してもらえないという話ですが、
俺の経験からして、よろず小説書きはファンが出来てしまえばよろず漫画家よりさらに『作家買い』の頻度は高くなると思います。
装丁は重要ですが表紙が描けないなら友達にお願いしたりして、中身も読みやすいように工夫すればいいと思うんですが。
同人は100売るまでが第一のハードルと聞いたことがありますが、
小説書きでなかなか『ある程度売れてファンができるためのハードル』を破れない人が周囲に多くて、
やっぱり小説は売れないんだという考えに至ったんじゃないですかね。

まあ、同人は好きでやるんだから賛同者がいようがいまいがって話もあるけどねw

だから『小説が漫画より売れにくい』は命題としてそれは偽だろうとは思いますが、
ただ儲けを考えると、漫画の方が儲かるのかもしれません、それは利益率の問題ですね。
印刷代がやたら掛かるのが小説書き・・・<A6本なんか作ってるからだろw
1回に40万とか平気でかかるぞ(´Д⊂)

あと『漫画は頭脳→肉体労働、小説はずっと頭脳労働』にはちょっと反対。小説も頭脳→肉体労働ですよ。
学校あるから今は1ヶ月で1冊200枚くらいのペースでゆっくり書いてるけど、
それでも100枚目辺りから体力的にきつくなってくる・・・ 体が文章を受け付けなくなるって感じ分かりますかね。
・・・年って言うな(´Д⊂)



278 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 09:47 ID:EPIyMSVh
>275
ここでサイトの一枚絵と小説を比べてるヤシはいないと思われ。

ストーリーがあってコマ割ってコマごとに構図練って絵描いて
それを何十枚もつくらないとならないマンガと
一枚絵をいっしょくたにされるのはかなり鬱だ。

279 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 09:52 ID:jm83kpCC
>277
結構同意の部分多いです。特に100のハードル。
でもジャンル的に飽和状態でなければ、100を越えれば後は読者さんが口コミで増える印象がある。
もちろんアピールも必要だけど。サイトを持つとか、長編を何冊も出せるとか。
確かに印刷代はかかるらしいけど……(ニガワラ
いいものさえ描けば回りも放っておかないし、友人の場合ははプロの絵描きが惚れ込んで
表紙を描いてくれたりして、今ではちゃんとそこそこ売れてますよ。
確かにすごく売れる絵描きさんほど売れるには、プロとして名前を売るとかも必要なのかも知れないけど。
作家買いは確実に多いと思う。
それと儲けの話になってしまえば、まんがより字の方が価格設定を低くしなければならない風潮もあるかも。

280 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 09:57 ID:43qEn7JN
>278
イラストとまんがを一緒に考えないでくれ〜
一枚絵だからこそ難しいってところはたくさんあるぞ
まあ・・・へたれな描いただけイラスト見てるといいたくなる気持ちは分かるけどもな・・・

281 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 10:10 ID:/vF0MjbR
おいおい、「○○と一緒にしないで」って、何言ってんのさ。
趣味なのに、おかしいよ。

282 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 10:12 ID:fmZ39spZ
>281
比較対象として一緒にするなということでしょう。
趣味とかそういう事は全然関係ない。
土俵が全く違うと言う事。

283 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 10:35 ID:/vF0MjbR
いや、なんか「一緒にしないでこっちはこれだけ大変なんだから」
って読めて、「何じゃそりゃ」と思ったの。

284 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 11:46 ID:W1S29tlG
新人賞に応募して二次落ちした作品とかって同人で出版しても問題ないのかな?
できたら修正入れたものを出版したいんだけど、どうだろう?
版権とかの問題はどうなるのかね、教えて君でスマンが切実だ。
生活費が底をついたんでな。
バイトしつつの投稿生活で入院しちまうと死線が見えてくる。

285 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 11:52 ID:wFVSHjpD
>284
それは投稿した先の出版社に問い合わせるしかないと思われ。
でも284が今まで実績のない状態でこれから即売会、とか考えているようなら
入院などしなくてもダイレクトに死線が見えると思う。

創作で小説だとすぐには売れないよママン……

286 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 12:12 ID:/vF0MjbR
大事な本を、ブクオフやだらけに持っていった方が、即効性があるよ…

287 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 12:28 ID:88KqR3Em
>283 禿同。自分もそう読めた。「あっちに比べ、こっちの方が大変なのよ!」
ってな書込みほど不毛なものはない。

288 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 13:52 ID:ZPWpZGIT
>284
基本的に、予選落ちしたものについては(特に自費出版する分には)版権を
気にする必要はないと思われ。(経験者でし)
ただし他の人も言ってるとおり、初めての同人だったら、そいつはおいてお
いて他でかせぐことを考えた方が吉。小説の場合は特に。

>283,287
禿同。
ここを読んでいて時々引っかかるのは、決まってそういうところだったりする。
漫画と一枚イラストと小説は、全部違うものなのに、どうしてこっちが楽とか
自分のは大変とか書く人がいるんだろう。

289 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 15:02 ID:IWhsXTmb
イラストで大変なのは実際それのみで食っていこう、となった時の競争の激しさだろうね…
イラストで勝負できるのは基礎的な絵の技術に加えて絵柄にセンス、それくらいしかないから
モロに流行り廃りが出てしまう。その点漫画だと(比較的)長く続けられるのが普通だろうし。
ただ、作業時間辺りの稿料単価を考えるとイラストの方が断然高いのは確かだけどね。

290 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 16:23 ID:kh0ze29O
・・・・・・うーん・・・・・・。
どっちが大変って不毛だよね。
言いたくなることがあるってのは分かるけど。
でも不毛だよね。

291 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 16:45 ID:/vF0MjbR
なあ。
結局、そんな苦労している自分も結構好きなんだろうから、
一緒にしないで!ってのはお門違いだと思うよ。

292 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 17:14 ID:IWhsXTmb
>>290-291
どちらにも同意。
ま、不毛でもお互い色々大変だねと慰め合うのは悪くないっしょw
まず相手のジャンルと貴賎があるとかつまらない事を考えるから『大変だ』って話題がぎすぎすしてくる訳で、
お互いの辛い所がどうかを見るのも勉強になるんじゃないかと思われ。

293 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 17:57 ID:B92cP+4j
小説が損だと思ったとき……あります。
それはギャグを書くとき。
特に4コマ漫画のような無駄をギリギリまで省いておきながら
最後にドカンと落す……ようなネタは絵の方が特だと思う。
小説だとなかなか4コマ漫画のような爽快感がだせないんだよなぁ。

294 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/21 17:59 ID:b1P93W3w
まあスレタイからして「小説書きは損だとおもう」だからね。
漫画は儲かっていいみたいな事言われたら、作業工程は多いけどな!と言いたくなるのはわかる。
どちらが大変ってのが不毛ならどちらが損ってのも不毛でしょう。
こんなスレタイつけた>1は反省汁(W

295 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 05:02 ID:IGYmdkiY
小説書いていて損って思ったことは特になかったのですが、最近悲しいことがありました。
あるイベントで隣のスペースの人に「おはようございます」と挨拶をしました。
返った答えは「愛想まかれても私、あなたに絵をあげるつもりないけど」と言われました。
おはようございますの後、本当にこれだけ返されたんです。
なんか悪い噂でも流れたのかな? でも私なにもやってないし、表紙もコラージュとか、
とにかく人様に迷惑掛けてないのに。
誰かに言われたときでも注意深く「私は原稿遅いですし、絵描きさんに表紙たのむとかできないです」
って言ってきました。
聞こえよがしに今日隣は字書きだから警戒してる。ちゃんと先手打ったしね、とか、
なんか、いい歳をしてもう泣くの我慢するのに必死になってしまいました。
なにかあったのだろうなとは思います。思いますけど、ただ隣になったから挨拶しただけで、
これはあんまりだと思う。字書きは挨拶さえしてはいけないのですか、と思いました。
極端な例だとは分かっていますけど、本当に悲しかった。

296 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 05:15 ID:SzTYdEzt
295ですけど、ごめんなさい。
こんなこといちいち愚痴るからだから字書きは……とか言われるのかも知れない。
絵描きの人だって困った字書きに泣かされてることがあるんだし、気にしないようにします。
読んで不快になった人、本当にごめんね。
お互いに字でしか表現できないこと、絵でしか作れないものを大事にできたらいいな。

297 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 05:23 ID:ofuToFLO
>>295
そんなDQNの事は忘れてくれ。いやマジで。
んな香具師は字書き相手じゃなくてもDQN丸出しの対応しかできない。
貴方が字書きで相手が絵描きだからそんなことになったんじゃなくてそいつが只のアフォだっただけだし、
字書きをそんな目でしか見れない絵描きなんて本当に稀なんだよー。
普通の絵描きは字書きに対してしっかり敬意を払ってるよ…。
しかしなぁ…面白い小説なんて読んだ事も無いんだろうなそんな奴…。
…そもそも活字物自体読んでなさそうか…。

298 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 07:47 ID:YpgJdHzz
>295
それは相手がおかしい。なにがあったかは知らんが、挨拶にそう返すってのは非常識だろう。
自分は絵描きだけど、確かに自意識過剰としか言いようのないヤシはいるね。
これは絵描き、字書き両方に言えることだけど。
自分は困った字書きに懐かれて嫌な思いをしたこともあるけど、
それ以上にちゃんとした字書きさんも知ってるyo
同人誌なんだし、上手く書けなくていいよ。でもちゃんと好きだって気持ちで作られてる、
そんな小説を書く字書きさんは大好きですよ。
私は小説書けないから凄いと思うよ。まんがを書ける人は小説も書けるってよく言うけど、
私は書けません。今は同人やめて商業だけでなんとか食べてるけど。
思い浮かぶものは全部映像なんだ。それを文章に直すことができないんだよね。
字書きさん特有の滑らか〜な文章を読むと、凄いなあと思うもの。

299 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 07:54 ID:ckyD5QTi
>298
>思い浮かぶものは全部映像なんだ。それを文章に直すことができないんだよね。
> 字書きさん特有の滑らか〜な文章を読むと、凄いなあと思うもの。
禿同。
しかしその映像を紙に起こすとなるといつも泣く羽目になる罠。
自分も字書き関係で何度か困らされた事があるけど、
だからっていきなり見ず知らずの人が挨拶してくれてるのに
字書きというだけでそんな対応しようとは思わない。
>297もいうように字書きだから絵描きだからというよりその人は人間的におかしい。

300 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 11:36 ID:vig1W4RO
・・・私は字書きで、映像から文章の方が得意。
というか、ほぼそれで小説書いてる。
絵のままだと、いつも抽象的な「図面」といったものしか描けない。
298-299読んでて、その辺が違うのかなと思ったりした。

だけど「文章から映像が浮かぶ」ようなのには
なかなか出会えないんだよね。自分で書いた奴は逆変換するだけだから
割と浮かぶんだけど、他人が書いたのはプロでもなかなかない。
ドラマとかでイメージがあれば別なんだけどね。
想像力が足りないのかも知れないけど。


301 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/23 18:12 ID:ueeF8E92
>295
なんだそりゃ…。
つーかいるのか、そんなDQN。
絵描きだから字書き見下すような香具師って最低だな。
「あ、そうですか。うちも別にあなたのような自己厨から本いただくつもりないんで」
…って言い返したらこっちもDQNだな、俺なら言いそうだけど(苦藁

気にしない事だな。
そいつ絶対友達少ないと思うし、それだけ性格悪いと。

>298
>同人誌なんだし、上手く書けなくていいよ。でもちゃんと好きだって気持ちで作られてる、
そんな小説を書く字書きさんは大好きですよ。
ぴかぴかに禿げ上がる程同意。
その作品やキャラに対しての思い入れが伝わってくる小説本っていいよね。
絵は上手くてもエロでお茶濁しただけのマンガやイラスト本買う金があったら俺はそういう小説本探すね。
繰り返し読もう、って気になれるし、そういった本って。


302 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 07:48 ID:CUeknLpP
>300
自分は絵描きだけど、文章を読んでるとかなりの確率で脳に同時進行で映像が浮かぶ。
そして好きな字書きさん達の書くものは映像が鮮明に浮かぶものが多い。
前にそんなにうまくなくても絵描きに好かれる字書きさんの話が出てたけど、
映像化しやすい文章を書くんじゃないかとふと思った。

303 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 08:33 ID:cAvR39+f
当方漫画のほうですが、この冬に小説にシフト替えしたらめちゃくちゃ楽だった。
なんだこりゃってくらいあっという間におわった。
漫画・・・一ヶ月
小説・・・一週間

そのうえ漫画よりも小説の方が出来が良くて、今までの苦労ってなんだったのかと自問自答だ。

304 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 08:42 ID:p38Zagc6
>303
向いてたんだね。自分の適正を知るっつーのは大事だな。

305 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 10:45 ID:fMCLV32E
両刀ゆえなのかもしれないが
プロット進行中に文章と映像と両方ごっちゃに浮かんできまつ…。
それをそのまま書き上げちゃうとシーンごとに小説・マンガ・イラストが
ぐっちゃぐちゃに混じってしまう…。
マンガで仕上げるときはなくなく名文を捨てる羽目になり
小説で仕上げるときは改心の構図を捨てる羽目になる。
なんだか無駄の多い創作過程だす。
かといって両方をかきあげる気にはならない。飽きる…(ワラ

そしてなんだかんだと言って筆を1本に絞れず十数年。
新しい表現スタイルでも追及しようかと思う今日この頃でつ。

306 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 17:21 ID:8nhXqJiv
>305
何だか自信満々で結構な事だが、
漫画でも小説でも何かしらの実績を出してんの?
こういう風に言う香具師に限って、両刀というよりどっちつかずでしかないという罠。

絡んでスマソ、今日まさにあなたと同じような事を言うリア厨に遭遇して
微笑ましかったもので…(w


307 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/24 21:32 ID:rcLgcNsy
>306
( ´∀`)σ)Д`)プニュ

308 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 00:42 ID:Yn5+RSVD
>307
あんたの方が微笑ましいぞ
( ´∀`)σ)Д`)プニュ

309 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 00:43 ID:Yn5+RSVD
ごめん、307じゃなくて306。

310 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 02:39 ID:KePLlHa3
>309
エヘヘ( ´∀`)σ)Д`)プニュ

311 :305:02/11/25 08:45 ID:r+siEjkT
>306
同人の実績なんて実績のうちに入らないとは思うが
テケトーに中堅でつかね。流行ジャンル行くと商業アンソロ依頼がくる程度の。

312 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 10:22 ID:kE/ANwLU
>311
( ´∀`)σ)Д`)プニュ

313 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 10:28 ID:+DWli8Jd
>311
商業アンソロは正直あまり基準にならないよ。
男性向けも女性向けもサイト見ただけで依頼してきたりなあ…かなり適当だと思う。
(どっちもオフじゃそのジャンルやってないってのに)

314 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 11:08 ID:EHDnZhux
何かいいエディタ知りませぬか?
秀丸がどうも使いにくく感じるのですよ。

315 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 11:15 ID:kE/ANwLU
>314
イパーイあるyo!
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=%82%A2%82%A2%83G%83f%83B%83%5E&lr=

316 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 11:52 ID:9DgswUe3
>>314

MAC? WIN? それによっても違う気が。
フリーかシェアでも違うし…。

私はずっとフリーのTeraPad(WIN)を使ってます。
フリーでここまで良いのは他にないなーと思ってます。

逆にMACの方がイマイチで…フリーはギビシイ。
miで我慢するしかないのかな……。

317 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 12:10 ID:bEkyHJ2X
アンソロにもよるんと違う?
いわゆる無許可違法ものなら論外でしょうが。

318 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 12:16 ID:xzDqlmH2
>>314
秀丸キライ。(作者さんスマヌ)
WZ派でつ。カッペやりやすい。

319 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 14:39 ID:0yBcnhlD
>>314
シェアで良ければLightWayTextかな、オススメは。
数世代前のワープロソフト並みの機能がある。
Win/Mac両方対応、ついでにOSXにも対応済み。


320 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 15:33 ID:sYxicREp
>314
O'sエディタを使ってます。なんというか、非常に融通のきくエディタ。
標準スタイル・原稿用紙などの他にも、校正・シナリオなど色々なモードが選べます。
シェアですが安価(1000円)。ただしWinのみ。

321 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 15:47 ID:7cwrtgxD
↓こっちで聞いたほうがよくね?
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1025008302/l50

漏れいろいろ自作マクロ組んで使っちゃってるんで、もう秀丸から離れられねぇ……
とくにHTMLに変換する際には。RUBYタグも埋め込めるようにしたし。
秀丸使わないときは「紙2001」
参考のために聞いておきたいんだが、秀丸がだめな人ってどこらへんがだめ?

322 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 16:10 ID:8AYBoknO
>295
亀レススマソ。
ネット普及してからSS程度の字書きが増えて、絵が描けるって知れると
読みたいもののリクすると「じゃあ、挿絵つけて下さるなら」みたいによく言われて、
字書きは絵をつけて貰えるのが嬉しいんだから、これは交換条件に使えると
一時期少し天狗になってた時期があったよ。絵を目当てに媚売ってくるのも確かに居たけど、
字書きが皆そうだと思うのはなあ…。

友達に字書きが沢山居るけど、挿絵は描かない事にしてる。絵で売るような
つまらん書き手と思われるのは悔しいし。
絵が描けるとアピールポイントがあっていいね、とは言われるけど、
漫画はいいねと言われた事はない。

323 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 16:21 ID:luRkHVQW
サラリーマンは損だとおもう

隣の芝は青い

324 :314:02/11/25 16:23 ID:xzDqlmH2
>>321
秀丸はカッペが低機能。そもそもWinのカッペそのものが使いにくい。
漏れはVZ→WZという流れで使ってるから最近の流れには逆流してると思うけど。
WZはいくら文字を削除しても削除バッファに「全部」残ってるのよ。
で、アンドゥとはまた別なんで、削除した文字を別の場所に復帰できる。
カーソルの文節移動(Shift+カーソル)や文節削除(Shift+BS/Del)との併用で
「秀丸はあまり好きじゃない」→「あまり秀丸は好きじゃない」
なんて書き換えがスピーディに可能。推敲には必須。
秀丸はPC98からWinに移行したとき使おうとして投げ出して、
結局すぐWZ買ったんで、正直他のエディタはよく知らないけども。

…スレチガイスマソ

325 :324:02/11/25 16:25 ID:xzDqlmH2
スマソ漏れ314じゃなくて318

326 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 17:31 ID:0hDjmZC9
>324
俺も同じ経歴で現在WZ使い。
ただ、V4はEだけ使い物にならなかった。ウィンドウ固定できなかったし、マクロも
Dまで使えていた奴がコンパイルエラー起こすし。
この前送ってきた最終型のFはその辺直ってたけど。

エディタは他にEmEditorとかも使ったけど、やっぱりVZからWZの流れだな。
次の5はどうなるんだろ?


327 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 17:35 ID:+DWli8Jd
何か字書きスレ向きの話題になってまいりますた。
スレ違いがわかってるのに語りたがる香具師は…(・∀・)ボボーン!

328 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 17:45 ID:05yNHsMH
>>327
絵描きなら大抵写真屋使っとけやゴルァ!ですむものをそうならない小説書きは損だ、
ではないのかい?


329 :324:02/11/25 17:54 ID:xzDqlmH2
>>327
「小説書き」から離れたわけじゃないんで、このくらいの脱線は許して欲しいな。
まあ、自分で「スレチガイ」なんて書いたのは悪かった。
板全体に言えるけど、あまり厳密にスレタイ通りの話しかしちゃダメとか言ってると
半数以上のスレはすぐ結論出ちゃうんじゃないかな。

330 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 18:09 ID:jYHCmOOy
>328
それを言ったら絵描きは写真屋各バージョン、ペインタ各バージョン、
イラストレーター、等に加えて水彩、アクリル、コピック、色鉛筆
クレヨン、パステルその他もろもろ+数種類の複合
と色々あって損だとなるわけだが。
実際自分は色調整以外はペインタ6ばかりだしな(7は重いし、水彩機能が使いづらい)

331 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 18:11 ID:pweb/kTI
>>328
無論反論は、
値段を考えろ!(゚Д゚)ゴルァ!
だな(w

332 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 18:13 ID:05yNHsMH
>>330
小説書きでもそれ言い出したらWord各バージョン、WordProや一太郎各バージョン、
エディタ無数に加えて原稿用紙にペンやらキーボードやらフォントやらとなるわけ
だよなぁ……

実際、フォントはかなり迷う。選び方間違えると文章のイメージ変わるしね。


333 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 18:16 ID:05yNHsMH
>>331
インデザイン欲しいけど、俺も買えないんだよゴルァァァァァァァ!!

。・゚・( ノД`)・゚・。


334 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 18:50 ID:tNo1pLbI
>332
それを言うと330はカラーだけだからトーン(アイシー、デリータ等)
、ペン(日光、ゼブラ等)、インク(証券インク、墨汁等)、
トレース台、紙(原稿用紙、特殊紙)とモノクロ分野まで入るよね。
両方やってるけど金は漫画の方がかかる。
道具関係で損だというのは水掛け論だな。

335 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 18:52 ID:kE/ANwLU
ぶっちゃけ金の話っすか

336 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 19:21 ID:KcA9d/9e
そういう意味で言うと絵も文章もやる人間が一番損。終了。

337 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 20:24 ID:U1L6dGxc
小説書きっつーか窓使いなんですがね
PCにもともと入ってたフォントが不満で自力で買い足してますよ。
日本語フォントってけっこうする…。
macだとヒラギノ明朝なんかがもともと入ってるんだよね?
MS明朝なあ…読みにくいわけじゃないんだが、あまり美しくないんだよ字体として。

林檎さんがウラヤマスイ、あと読みやすさに拘ると金がかかるって話。

338 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 21:02 ID:EFm9+tZN
でも林檎は本体に金がかかるのでありますた……以前ほどではないけれど。そして林檎に入ってることえりって辞書がもー、馬鹿を通り越していっそ可愛らしい(笑
初期設定のまま『いりぐち』と入力したら『入り愚痴』、『こうみんかん』は『公民姦』と変換してくれました……もちろんそっこーで辞書入れ替えたよ。
インデザは慣れるまで操作性が悪く、旧バージョンだとフォントやプリンタとの互換性がイマイチ。導入しても値段に見合った働きをさせるには根気が必要かも。

339 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 21:42 ID:jYHCmOOy
損とか得とか言う前に好きでやってる物に
そんなこと思う程度の思い込みでしかないなら
とっとと辞めた方が良いんじゃないか?
スレたてたヤツ小説書いてるのか?

340 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 22:15 ID:Hqhc0hSR
私は利き手を怪我して絵描きから字書きに転向した組だが、
絵描きの方が大変だと思うなあ。
でも、前にお隣になったサークルさんから御本を頂いて、お返しにうちのも〜て
渡そうとしたら「小説は読まないんで」と断られた時はちょっとショックだった…。

うちは窓+一太郎で頑張ってます。ATOKスキー。
フォントはプリンタについてたFG平成明朝で。MSやDFよりこっちが好き。
Quark無くしたのが痛い…インデザはどうしても慣れなくて。
>338見て根気よく頑張ろうかと思ったけど、うちの旧バージョンだ…。

341 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 22:57 ID:0yBcnhlD
字書きメインなので詳しく知らないんだけど、
写真屋エレメンツって保存する時EPSで出来る?
今4.0使ってて、そろそろ新しいのに乗り換えようかと思ってるんだが。
表紙作るのに使うんで。
写真屋高いんで、エレメンツがレイヤー使えてepsで保存出来れば
そっちにしたい。字書きにはそれで十分だろうし。


342 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 23:10 ID:9wwTsVR4
…なぜその質問をここで?

343 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/25 23:29 ID:xE2m+CC8
>>341
ノウハウ板にでも逝け

344 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 00:07 ID:qSFZ5y9s
フォントはPSじゃなくていいなら年賀状ソフトあたりにでもついてる奴がめちゃくちゃ安いよー
年が明けた時期に買うと値引きもしてて最高。
あとは一フォント千円のサイトとか当たって気に入ったのをダウソ。
…でも字書きさんだとPSじゃないとダメなのかな…?絵描きならTTでいいんだけど。

345 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 00:08 ID:XUu9l1Py
>>340
>ATOKスキー。
それわかる。ATOKはMSIMEよりモノ書き向きの変換してくれるよね。
漏れも一時期ATOK派でした。てゆーか、昔のMSIMEは酷かった。
でも、最近だいぶマシにはなったんで乗り換えちゃった。
ロハ(OSのオマケ)には勝てんかった(w
こないだ久々にATOK使ったら、独特のキーバインドをもう手が忘れてたよ。

346 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 06:55 ID:7S5qcls0
295です。
色々レスを下さってありがとうございました。
正直にショックだったので感謝しています。
お礼カキコだけだとうざいかなとは思ったのですが、
どうしても一言ありがとうとお伝えしたかったので……。
本当にありがとうございました。

347 :305:02/11/26 09:09 ID:V7/B3U6b
>313
ウン。漏れも参考にはならないとは思うんだ。
だから、同人屋に「なんか実績あるのか?」という質問自体が見当違いだと。
実績ってなんだっつーのよ。
コミケ10年参加してまつが実績になりまつか?
毎年4〜5冊出して無事完売してまつが実績になりまつか〜?

ところで
絵描きでも同人屋は日本語フォント各種必須と思ってたけど
漏れが兼業だからなのかな…
自分の場合は、むしろ字のほうがフォントの種類は少なくて済むんだけど。

348 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 09:18 ID:X2AzhM1D
>347
絵描きだけどフォントは必須だなあ。
セリフやタイトル等に使うからあればある程いい。
でもMacなので1000書体あっても、250書体くらいしか実際には使えない罠。

349 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 09:45 ID:gmCp6IyK
小説本体に使うフォントは、見て綺麗な字体が数種あれば足りる。
マンガのセリフの方がバラエティは必要かも。

タイトルなんかに使うのは、字書きも絵描きも同じじゃないのかな。

350 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 10:12 ID:AH5sXs9b
これからこのスレは
【フォント】やいオマエラの動作環境は何ですか【エディタ】
になった模様です。

351 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 12:39 ID:UsIWSRwN
>>340
仲間だな。俺は利き腕の左腕を複雑骨折してから字書きに転向した。
細部が描けるまでに回復しなかったから。
正直、字書きの方がツライ、売り上げが致命的に減少した。

352 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 13:42 ID:AH5sXs9b
まあでもさ、絵だと電車のなかでチョコチョコ描いてたら変だけど、
字だったらノートにパパッと書いておけていいな、とは思う。

353 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 13:52 ID:L5e3Cca1
>351
そりゃあんたの技量にも関係があるんじゃないのか…

354 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 14:57 ID:gEcyMuyW
絵描きには多種に渡るデザインフォントが必要だと思う今日この頃。

355 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 16:49 ID:u0vgbbub
>354
字書きも表紙に字を使ったり、タイトル名に使ったりで多種に渡るデザイン
フォントはいると思われ。

個人的には篆書、隷書のデザインフォント欲しい…。
フリーでなかなか見つからないんだ…。

356 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 16:53 ID:AH5sXs9b
フォントはいくらあっても楽しいね。次々と欲しくなるし。
今はちょうど年賀状CD-ROMが出ているから、安く手に入るな〜。
>355たんも篆書や隷書を安価で手に入れるチャンス鴨よ。

357 :355:02/11/26 18:27 ID:u0vgbbub
>356
前ぐぐったらフリーフォントで全滅で、有料のでも5万台とかだったので諦め掛けて
いたのですが、ぐぐり直して年賀状ソフトは持っているのでそれはちょっとだったん
ですけど、シェアので安くていいのが見つかりました。
ありがとうございます。

スレ違い承知でこれお礼と言っちゃ何ですが、年賀ソフト(フォント内容付き)比較
ページURLと安いシェアウエアサイトのURL置いてきます。
ttp://softplaza.biglobe.ne.jp/text/2001sp/nenga/gajo02_hikaku1.html
ttp://www.templatebank.com/dynafont/Default.htm

>355さんがご存じでしたら、並びに知っている方スマソ。

358 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 18:32 ID:qSFZ5y9s
>>357
ダイナの方は結構使ってるけど年賀ソフト比較は便利。thx!
それはそれとしてフォント欲しいだけならアップグレード版が実は結構…。

359 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/26 21:01 ID:qUmqOINT
当方飛翔系、小説書きピコですが、先日オンリーイベントに参加しました。
イベントが立て続けだったので新刊はコピー本小部数、何とか全部はけました。
しかし、同じイベントに参加の友人絵描き、毛がもう少し生えたくらいのピコ。
新刊はオフが間に合わずコピーのマンガ本。
コピーだし、このイベント売り切りで部数は抑えると言っていたのに私の倍以上もって来ててビビる。
しかし午後には完売。
これだけなら実力の差、とか言うところですが・・・
彼女の本、半分は私のゲスト原稿なんですよね・・・しかもマンガの(汗)
半分こんなものが引っ付いているのに、彼女のマンガが欲しいなら待てば再録本もあるのに・・・
やはりマンガだからか
それともテーマがイロモノだったからか(笑)

360 :>355:02/11/26 23:28 ID:T4PVbda/
ttp://www.motoyafont.jp/
ttp://www.hakusyu.com/

ここで教育漢字だけなら、フリーの隷書あるよ。

361 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 03:41 ID:j9+5Txiq
>359

買い手として、確実に発行されるのかどうか、そしていつ出るのかさえわからない
再録本を待つより、そこに今あるコピー本を買ってしまうのはとてもとても自然なこと
だと思われます。オンリーであればなおさら。
あなたのマンガがそこにあったということに、大きな意味はあるのでしょうか?

( ´∀`)つ且チャヲノンデスコシモチツケ

362 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 10:59 ID:IcU+jynM
>>359
何度も出てるが小説と漫画比べると
小説は単発の売上では不利。
それがイヤなら小説やめて漫画に専念すれば?
表現手段を選ぶのはあなたの権利だよ。

363 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 16:17 ID:31YrGlYU
>>359
字書きならもう少し言いたい事を纏めれ。

364 :355:02/11/27 17:07 ID:dmuzhcEM
>360
貼ってくれてありがとう。
でもそこ前に見つけていて難しい漢字使ってもないし大丈夫かと思って使おうと
したら、どうしてもその書体で使いたいフレーズ用の漢字が無かったので、結局
そのサイトさんの書体は使えなかったんです。
すみません。

ここまで出張ってしまうと、他の方にウザがられそうなんでこの辺りで失礼します
…。

365 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 17:34 ID:LsHojEtG
>>363
同意。
この文章力じゃへタレマンガ描いてる方がマシと思われ。

366 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 17:48 ID:BthLH+9Y
まーまー。

もちつけ。

367 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/11/27 18:25 ID:b/xysUCS
>355
唐風隷書でいいなら、宝じま社の「プ リ ン ト するだけ年 賀 状」にあるよ。
全8書体収録で638円だった
一書体80円なら払ってもよかろう?

368 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/12/04 13:34 ID:0euh/j6W
下がりすぎage

128 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)